財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y14010
タイトル
低圧用無効電力補償装置の設置方策の検討−PV導入時における電圧上昇対策の費用対効果分析手法の提案−
[Title]
A Cost-effectiveness Analysis on Low-voltage Reactive Power Compensator in Distribution Network with Large-scale Penetration of PV Systems
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
PV逆潮流による電圧上昇問題に対し、無効電力補償装置を配電系統の低圧側に分散配置する場合の設置方策を検討する。無効電力補償装置の設置箇所として、(1) PVを設置した需要家に設置:(2) 全需要家ノードが設置可能ノードであり、機器容量が最小となるように最適配置:(3) 全柱上ノードが設置可能ノードであり、機器容量が最小となるように最適配置の計3ケースを想定し、電圧上昇抑制効果と経済価値を比較する。また、高圧側に設置するSVCを含め、費用対効果の高い設置方策を選択する手法を提案する。本提案手法は、需要側機器の年経費と年間対価の組み合わせに対し、コスト最小となる設置方策を領域として示すことで、電圧対策の従事者が設置方策を選択する際の意思決定に資することができる。分析の結果、PV普及率が低く、電圧逸脱が局所的に発生している時程、最適配置により機器容量を最小化する(2)需要家設置ケースや(3)柱上設置ケースの費用対効果が高くなることが明らかとなった。
[Abstract]
Since the Japanese government has enforced the feed-in tariff scheme, the installed capacity of photovoltaic (PV) systems has been increasing rapidly. Reverse power flows from the roof-mounted PV systems could cause voltage unbalances such as voltage-rises in distribution network. As for the voltage stabilization with reactive power compensation, SVC (Static Var Compensator) has been installed in the high-voltage distribution network as the main countermeasure until now. On the other hand, the idea of installing the reactive power compensator in low-voltage distribution network is proposed as a promising alternative with its cost-effectiveness. This report proposes an evaluation method of the cost-effectiveness of the reactive power compensator at low-voltage side. We assumed following three installation schemes: (1) the compensator is installed at a consumer end where PV is installed; (2) the compensators are installed at consumer ends selected from all consumer ends; (3) the compensators are mounted at selected power poles. This method can select the most cost-effective scheme, reflecting the annual cost of the compensator as well as the degree of PV penetration. In a future development, we will propose an evaluation method for comprehensive measures, considering different types of devices.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2014
発行年月 [Issued Year / Month]
2015/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

高木 雅昭

社会経済研究所 経済・社会システム領域

田頭 直人

社会経済研究所 経済・社会システム領域

岡田 健司

社会経済研究所 電気事業経営領域

浅野 浩志

社会経済研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
太陽光発電 Photovoltaic Generation
無効電力補償装置 Reactive Power Compensator
低圧配電系統 Low-voltage Distribution Network
費用対効果分析 Cost-effectiveness Analysis
電圧安定化 Voltage Stabilization
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.