財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y14012
タイトル
電力・燃料トレーディングとアセット最適運用による発電事業の収益管理−ドイツ事業者の事例−
[Title]
Revenue Management of Power Generation by the Power and Fuel Trading and Optimization of Asset Operation - A Case Study of German Utilities -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では,自由化で先行するドイツの電気事業者のトレーディングと最適化の基本的な考え方を調査し,以下のような結果を得た.
1.ドイツ事業者のトレーディング部門は,発電部門から電源運用権を移転し,対価として移転価格を受渡している.移転価格には,電源を実際に発電することで得られる本源的価値と,電源運用の柔軟性を評価した時間的価値が含まれる.移転価格の受渡しにより,発電部門は安定収益を得られる一方で,トレーディング部門は電源運用に伴う市場リスクを引き受けることになる.
2.収益変動リスクを負ったトレーディング部門は,フォワードヘッジやデルタヘッジなど電源タイプ別のヘッジ戦略を使って,電源価値の毀損を回避している.
3.わが国で市場環境が整備されるのに伴い,アセット運用の柔軟性価値が重要になる.わが国の事業者は,燃料ストレージ拡大や部門間連携などの運用柔軟性の拡充を図っていくことが望ましい.
[Abstract]
This report investigates the theoretical and actual trading and asset optimization method to maximize power plant value by literature survey and interviews on the practices of German electric power companies and thereby obtains the implications for Japan regarding the benefits and risks of employing trading activity. The following results were obtained.
1. The transfer price of power operation rights between the trading and optimization subsidiary and the power generation subsidiary include not only the intrinsic value, i.e. the power sales in the market, but also the time value resulting from the operational flexibility in volatile energy market. While the power generation subsidiary can obtain stable earnings by receiving the transfer price, the trading and optimization subsidiary solely bears the risk (and potential reward) of price movements in the energy market.
2. The trading and optimization subsidiary tries to manage its power plants' value by employing the plant type-dependent hedging strategies such as forward hedging and delta hedging.
3. For Japanese power utilities, along with the developments of liquid electricity and fuel markets, flexibility in asset operation bears larger importance. Expanding fuel storage capacity and facilitating interdivisional cooperation would be essential.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2014
発行年月 [Issued Year / Month]
2015/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

遠藤 操

社会経済研究所 電気事業経営領域

服部 徹

社会経済研究所 電気事業経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電力先物 Electricity Futures
燃料先物 Fuel Futures
電源価値 Power Plant Value
トレーディング Trading
最適化 Optimization
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.