財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y14016
タイトル
2016年度までの日本経済と電力需要の短期予測−原油価格変動と原子力稼働のシミュレーション分析−
[Title]
A Short-term Outlook for Japanese Economy and Electricity Demand - Simulation analyses of oil price fluctuation and restart of nuclear power plants -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
2014 年度上期の国内景気は,14 年 4 月の消費税率引き上げに伴い生じた民間消費や住宅投資の反動減,それに対応した生産調整などから下降線を辿った.14 年の秋口から持ち直しの動きがみられるが,今後の日本経済,電力需要の動向が注目されている.本稿では,電中研短期マクロ計量経済モデルを用い,16 年度までの日本経済と電力需要の予測,および,代替シナリオに基づくシミュレーション分析の結果を示す.

その結果,14 年度の実質 GDP の標準予測は,消費増税後の駆け込み需要の反動減を主因に前年度比 0.7 %減と 5 年ぶりの減少になる.その後は,世界経済の回復と円安の持続による外需の増加,家計所得や企業収益の改善を背景とする内需の増加から,15〜16 年度の実質 GDP は同 1.4 % 増,同 1.0 % 増と1 % を超える成長を維持する.上記の経済情勢と 13 年度並みの気温を前提とした場合, 14 年度の販売電力量は前年度比 2.8 % 減と 4 年連続の減少となる.15〜16 年度は,内外需の回復と生産の活発化により同 1.2 % 増,同 0.3 % 増を見込む.

加えて,以下のシミュレーション分析を実施した.第 1 は,原油価格が標準予測よりも 30 ドル低下する場合の標準予測への影響である.その場合,実質 GDP は,実質所得の拡大と輸出価格の低下により内外需ともに増加し,前年度比 1.4 % 増から同 1.8 % 増まで上方修正される.第 2 は,原子力発電量が 1,300 億kWh 増加する場合の標準予測への影響である.その場合,実質 GDP は,発電用鉱物性燃料輸入の減少を主因に,同 1.4 % 増から同 1.6 % 増に上方修正される.
[Abstract]
Japanese business condition has gone through a phase of recovery since the autumn in 2014, after entering a short-term recession in the first half of fiscal 2014, which was caused by demand sank after the consumption tax hike in Apr 2014. In this report, the authors forecast the Japanese economy and the electricity demand in order to clarify whether they will be able to continue the present growth over the next two years. The results show that the real GDP in fiscal 2014 will decrease by 0.7 % from the previous year, and that in 2015 and 2016 will rise by 1.4 % and 1.0 %. The net export will keep growing due to the weak yen and continuous recovery of the global economy. The domestic demand in 2015 and 2016 will maintain the increasing trend with private demand expansion related to consumer spending and non-residential investment against a backdrop of household income
and improved corporate profit.

Furthermore, we carried out the following simulation analyses. Firstly, we investigated the influence on our baseline forecast, when an oil price decreases 30 dollars than a baseline scenario. In that case, domestic and foreign demand increases by expansion of the real household income and the drop of the export price, which push up the real GDP growth rate from +1.4 % to +1.8 %. We also calculated the impact on baseline forecast of the restart of nuclear power plants by 130 billion kWh per annum, which is nearly half of the level before Great East Japan Earthquake. In that case, the real GDP growth rate is changed upward from +1.4 % to +1.6 %, mainly due to the decrease in the imports in fossil fuel for power generation.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2014
発行年月 [Issued Year / Month]
2015/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

林田 元就

社会経済研究所 経済・社会システム領域

間瀬 貴之

社会経済研究所 経済・社会システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
短期経済予測 Short-term Economic Forecast
日本経済 Japanese Economy
電力需要 Electricity Demand
マクロ計量経済モデル Macroeconometric Model
シミュレーション分析 Simulation Analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.