財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y14017
タイトル
2030年までのマクロ経済・産業構造展望−エネルギー需給展望に向けた日本経済の成長力の見方−
[Title]
An outlook for the Japanese macro economy and industrial structure toward 2030 -Economic growth potential for an outlook for the energy demand-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では、当所のマクロ計量経済・産業連関モデルを用いて、エネルギー需給の将来構造を議論する土台となる、2030年までのマクロ経済・産業構造を展望し、世界経済の成長リスクと為替リスクが日本経済に与える影響についても、感度分析により明らかにする。
その結果、世界貿易が堅調に拡大し、為替レートが110円/ドルで推移するという前提のもと、輸出や設備投資の増加が成長に寄与し、2030年までの経済成長率は実質で年率1.0%となる。業種別には、医療・保健・衛生や対事業所サービスなどの成長により、産業構造のサービス化が進む。この需要増を支える構造を供給側から分析すると、成長のカギは設備投資にあることが分かる。
また、世界経済が好調に推移し、円安が進むとした高成長ケースでは、輸出の増加とそれに伴う内需拡大により、実質経済成長率は年率1.6%となる。一方、世界経済が停滞し、円高が進むとした低成長ケースでは、輸出の伸び悩みとそれを通じた内需の停滞により、実質経済成長率は年率0.4%にまで落ち込む。
標準ケースでは、エネルギー多消費産業である化学製品(年率0.7%減)と鉄鋼(同0.6%増)の産出額成長率は全産業平均(同0.8%増)を下回る。こうした産業構造変化を踏まえると産業用エネルギー需要は伸び悩む可能性が高い一方、業務用エネルギー需要は経済規模の拡大との関連が強いため、今後も増加する可能性が高い。
[Abstract]
This report presents an outlook for the Japanese macro economy and industrial structure toward 2030, which is also essential for projecting outlook on the energy demand structure. We employ a framework consisting of a macro-econometric model and an input-output model. Main forecasting results are as follows:

i) In the reference case, the average annual growth rate of real GDP in 2012-2030 is +1.0%. Export will grow at +3.3% annually based on the steady abroad economic growth. Private non-residential investment, one of the components of GDP, will expand at 1.4%, due mainly to substitution of the decline of labor forces. While the growth rate of nominal GDP will be +1.3%, primary balance remains negative toward 2030. Expansion of medical industry and services for business leads the growth of Japanese economy. Growth accounting analysis clarifies that contribution of increase in capital input to economic growth expands in 2010-30. Therefore, non-residential investment is the key to the economic growth in Japan.

ii) In such two alternative cases as of a strong overseas economy and weak yen, and a weak overseas economy and strong yen, the average annual growth rate of real GDP will change to +1.6% in the former and +0.4% in the latter according to the growth in manufacturing industry in each case.

iii) In the reference case, growth rate of the energy-intensive industry will be lower than that of the overall industry. This structural change will cause stagnation in industrial energy demand and positive growth in commercial energy demand.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2014
発行年月 [Issued Year / Month]
2015/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

浜潟 純大

社会経済研究所 経済・社会システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
日本経済 Japanese Economy
産業構造 Industrial Structure
マクロ計量経済モデル Macro-Econometric Model
産業連関モデル Input-Output Model
成長会計分析 Growth Accounting Analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.