財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]


ライフサイクルCO2発電量評価に対する弊所報告書Y12031、Y14018に誤記載がございました。これまで報告書のダウンロード等ご利用いただいた皆様にはご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
本評価につきましては、2000年〜2001年に刊行した報告書Y99009とY01006、その後の技術進歩や環境条件の変化に伴う再推計を行い、刊行した報告書(2009年評価:Y09027、Y12031、Y14018)があり、いずれも多数ご利用をいただいておりました。このたび、誤記載の修正とともに2009年評価の三分冊をとりまとめ、電力中央研究所総合報告Y06「日本における発電技術のライフサイクルCO2排出量総合評価」を刊行いたしました。今後は、こちらをご利用いただきますようお願い申し上げます。


報告書番号 [Report Number]
Y14018
タイトル
洋上・陸上ウィンドファームのライフサイクルCO2排出量評価
[Title]
Evaluation of Life Cycle CO2 Emission of Offshore and Onshore Wind Farms
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
他の電源と対比可能な条件のもとで集合型風力発電所(ウィンドファーム)を建設するために必要となる各種資材・機材の物量推定を踏まえ、LC-CO2排出量評価を行った結果、以下の成果を得た。
1.陸上設置ウィンドファーム及び着床式ウィンドファームのLC-CO2排出量は、24〜26[g-CO2/kWh]であり、陸上に1基設置した場合(25[g-CO2/kWh])と同一水準であった。
浮体式洋上ウィンドファームは、浮体重量が風車本体重量の約10倍の重さがあるため、設備建設に伴い投入される資材量が大幅に増加する。このため、浮体式洋上ウィンドファームのLC-CO2排出量は、陸上設置及び着床式洋上ウィンドファームの約4倍の98.1〜102.2[g-CO2/kWh]となる。
2.ウィンドファームのLC-CO2排出量は、浮体式洋上ウィンドファームを除き、燃料燃焼を伴わない他の発電技術と同程度のLC-CO2排出量であった。浮体式洋上ウィンドファームは、燃料燃焼を伴わない他の発電技術に比べて約2〜5倍のLC-CO2排出量であるものの、化石燃料発電技術と比べればLC-CO2排出量は1/5〜1/10程度と大幅に少ない。
[Abstract]
Offshore wind power generation, with its cost effectiveness due to high utilization factor, attracts expectations in Japan. On the other hand, the life cycle CO2 (LC-CO2) emission of offshore wind farms would be larger than those of onshore technologies due to material requirements of the former. This report discribes LC-CO2 emissions of onshore and offshore wind farms at 20MW and 40MW capacity to be built in Japan based on detailed evaluation of material requirements. The following results are obtained through the analysis.
(1) The LC-CO2 emissions of 'onshore' wind farms are evaluated as 26.3 g-CO2/kWh, while those of 'implanted offshore' are 24.1-25.2 g-CO2/kWh, which are both in a similar range to the onshore installation of single wind mill at 25.3 g-CO2/kWh
(2) 'Floating offshore' wind farm employs a large floating body which weighs 10 times larger than the wind turbine itself. Thus, the LC-CO2 emissions of 'floating offshore' wind farm turned out in the range of 98.1 to 102.2g-CO2/kWh.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2014
発行年月 [Issued Year / Month]
2015/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

今村 栄一

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

坂東 茂

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

土屋 陽子

環境科学研究所 応用生物工学領域

池野 正明

環境科学研究所 水域環境領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
ライフサイクル分析 Life-cycle Analysis
CO2排出量 CO2 Emissions
洋上風力発電 Offshore Wind Power Generation
ウィンドファーム Wind Farms
排出原単位 Emission Factor
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.