財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y14019
タイトル
欧州における発送電分離後の送電系統増強の仕組みとその課題
[Title]
Mechanisms and issues of transmission system reinforcement under the unbundling situation in Europe
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
今後我が国では、小売全面自由化に伴う広域的な電力取引の活性化や、再生可能エネルギー電源の系統連系の増大により、地域間連系線増強への要望が高まることが予想される。このような状況の下で送配電部門が分離された場合、系統運用者、発電事業者、小売事業者等の間で、送電ネットワーク開発計画の内容調整がより難しくなることが予想される。欧州では、送電部門のアンバンドリングを推進しつつ、送電ネットワーク開発計画の妥当性・透明性・公平性を確保するため、規制機関・系統運用者・系統利用者などが参加する協調的なプロセスに基づき、送電ネットワークの整備が進められている。本報告では、欧州における送電ネットワークの開発計画の策定から評価に至る一連のプロセスに関する事例調査を通じ、我が国における今後の送電ネットワーク開発計画策定プロセス、特に地域間連系線計画の合意形成、費用負担、費用と便益の評価等について考慮すべき点を明らかにする。
[Abstract]
Development of the transmission network based on the cooperation of stakeholders is indispensable to maintain stable supply of large-scale electric power system in the future in an electric industry under unbundling.The transmission network planning process needs a certain time period term such as two or three years. Furthermore, a standardized Cost Benefit Analysis (CBA) method is desirable necessary to coordinate the transmission network planning among TSOs. However, the CBA method is still under development in Europe because it is difficult to evaluate the indirect long-term non-quantitative benefit of transmission plans, in consideration of coverable influence of the transmission reinforcement, and to adjust each transmission plan based on coordination of the TSO, using the results of the CBA method.Furthermore, various schemes such as shortening of approval procedure of a plan or support of the investment capital are prepared for to execute a chosen transmission network development plan in Europe. However, establishment of transmission price system to give investment incentive including guarantee of the cost recovery for TSOs is first-line to improve practicability of transmission plans.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2014
発行年月 [Issued Year / Month]
2015/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

岡田 健司

社会経済研究所 電気事業経営領域

丸山 真弘

社会経済研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
アンバンドリング Unbundling
送電開発計画 Transmission Development Plan
費用便益分析 Cost Benefit Analysis
送電コスト配分 Transmission Cost Allocation
欧州 Europe
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.