財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y14021
タイトル
ドイツの需給調整メカニズムの広域化の動向と課題
[Title]
Issues and Trend of German cross-border balancing mechanism
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
ドイツとドイツの周辺国における需給調整メカニズムの動向と課題を調査した。
ドイツ国内における需給調整メカニズムと送電混雑管理は独立的に運用され、需給バランスと送電混雑解消の調整能力は相互に活用されないため、混雑解消に要する系統運用維持費用の削減につながるとは言い難い。冬季の需要ピーク期での利用を前提として、TSOが送電混雑を緩和する相殺潮流が得られる供給力を休止火力電源から確保する方策は、長期的な観点から必要な新規電源の投資を促し、エリア間の需給調整能力の格差を是正する訳ではない。
ドイツの周辺国を含む広域需給調整メカニズムにおける国際連系線を利用したインバランスエネルギーの融通は、各TSOが利用する需給調整量の減少に寄与している。国際的な需給調整能力の取引は、国際連系線におけるエネルギー取引用の利用可能容量の減少による影響などを考慮すると、需給調整能力の確保とその利用に関する費用の削減が可能であるかどうか不透明である。
[Abstract]
To overcome the insufficiency of the balancing power for a rapid increase of renewable energy sources (RES), the German TSOs introduced a nation-wide balancing mechanism (Grid Control Cooperation: GCC), which doesn't have the function of the congestion management. Because transmission congestion seldom happened before a rapid increase of RES, TSOs can solve congestion by redispatching after energy-trading without balancing control reserve. This non-reciprocity between balancing mechanism and congestion management make the least cost operation difficult. A heavy congestion is caused by high penetration of RES. A tentative congestion management (Winter Reserve) has been introduced in order to operate conventional non-reciprocity between balancing mechanism and congestion management. This additional congestion management doesn't have an incentive for investment of new generators. Several Continental European TSOs propose the broader balancing mechanism such as International GCC (IGCC). IGCC, which is different from GCC, has only the function of imbalance energy setoff between TSOs. These mechanisms bring some issues. One of the largest issues is the allocation of the cross-border capacity between energy transaction and control reserve power. European TSOs analyze the cost-benefit, if the new schemes for this issue are introduced. Especially, TSOs consider the change of procedure of the wider balancing mechanism rather than remaining at the level of setting off imbalance energy on the basis of the results of the cost-benefit analysis. The countermeasure for these issues in Europe would be helpful for the discussion of the establishment of Japanese new balancing mechanism.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2014
発行年月 [Issued Year / Month]
2015/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

古澤 健

社会経済研究所 電気事業経営領域

岡田 健司

社会経済研究所 電気事業経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
需給調整メカニズム Balancing mechanism
広域運用 Interconnected system operation
卸電力市場 Wholesale electricity market
ドイツ Germany
送電混雑管理 Congestion management
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.