財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y15002
タイトル
スマートメータデータを活用した情報提供と行動変容−集合住宅におけるピーク抑制・省エネ実証事例−
[Title]
Information Feedback and Behavior Change using Smart Meter Data - Evidence of Peak Saving and Energy Conservation with Residential Sector -
概要
本報告書では、当所が野村不動産・ファミリーネットジャパンと共同で実施した、実証研究の成果を報告する。当実証では、スマートメータデータを活用した4種類の節電・省エネ手法を検証した。具体的には、(1)30分逓増型料金体系、(2)宅内モニタによるリアルタイム消費量表示等の見える化、(3)省エネアドバイスレポート、(4)省エネアラートである。特に、省エネアドバイスレポート開発の際には、行動科学的知見に基づくデザインを積極的に取り入れるとともに、世帯別のスマートメータデータを読み込むことで自動的に世帯別レポートを生成するシステムを開発した。これら節電・省エネ手法を検証するため、千葉県船橋市の集合住宅に居住する500世帯を対象に、ランダム化比較対照試験を実施した。2013年度夏季、2013年度冬季、2014年度夏季の効果を統計的かつ包括的に検証し、夏冬ピーク時間帯における節電効果が最大1割程度であり、統計的に有意であることを確認した。また、意識・行動に関するアンケート調査データについても統計分析を行い、情報提供手法に対する協力世帯の反応についても検証した。
[Abstract]
This report presents the results of a trial experiment, implemented from August 2013 to November 2014, to evaluate the impact of the following four interventions on home electricity consumption: (1) a tiered rate with increasing prices applied to usage during each 30-minute period, (2) real time feedback on electricity usage via an in-home display (IHD), (3) weekly reports that provided neighbor usage comparisons and peak savings information and (4) an email alert appealing to households to reduce peak usage. In particular, we developed a prototype report-generating system that analyzes electricity usage data of each resident obtained by "smart meters" and automatically chooses a potentially most-preferable report from among multiple prepared templates. Each template contained four different modules, some that visualize electricity usage and others that suggest ways to effectively reduce usage. Through a randomized experiment targeting almost 500 participant households of a condominium in Japan's Chiba Prefecture, we found that the total average treatment effect of the four interventions in the first summer, the first winter, and the second summer from the beginning of treatments was up to 10% at peak times, some of which were statistically significant with a panel data regression analysis.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2015/09
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

向井 登志広

社会経済研究所 エネルギーシステム分析領域

西尾 健一郎

社会経済研究所 エネルギーシステム分析領域

小松 秀徳

システム技術研究所 情報数理領域

内田 鉄平

ファミリーネット・ジャパン

石田 恭子

野村不動産 住宅事業本部

キーワード [Keywords]
和文 英文
スマートメータデータ Smart Meter Data
デマンドレスポンス Demand Response
行動変容 Behavior Change
効果検証 Impact Evaluation
高圧一括受電マンション High-Voltage Power Receiving Cond.
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.