財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y15005
タイトル
米国火力発電所CO2排出規制Clean Power Planの事前評価
[Title]
Ex-ante analysis of CO2 Regulations under the U.S. Clean Power Plan
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
米国は2022年に既設の火力発電所に対するCO2排出規制を開始することを決め,2015年8月に規制のガイドライン(クリーンパワープラン,CPP)を最終決定した.本稿では,最終決定されたCPPの内容を調査し,制度の特徴を背景にある米国の政治経済状況を踏まえて整理した結果を報告する.
本報告で確認した主要点は以下の通り.
1) CPPは,石炭火力から既存の天然ガス火力への発電シフトによるCO2削減を見込んでいる.このシフトは,米国の天然ガスの安価な価格と豊富な資源量を前提とすれば経済合理的な選択肢となる.
2) CPPは,規制対象とする既設の火力発電施設から対象外となる新設の火力発電施設への発電量のシフトのみで総量目標が達成され,意図通りの排出削減が進まないという,排出の「リーケージ」の問題を引き起こす可能性がある.このため,州目標を達成するための具体的な施策を検討・実施する権限を有する州政府は,州計画の中で「リーケージ」に適切に対処することが求められている.連邦EPAは「リーケージ」を回避するいくつかの選択肢を提示しているが,完全な対応策は見つかっていない.
3) 電力自由化が進む州では,原子力発電所が天然ガス火力との間での価格競争力を失い,廃炉のリスクに直面している.仮に,これらの原子力発電所が予定より早く廃炉されれば,CPPのCO2削減効果を減殺することになる.CPPが原子力発電施設の廃炉リスクを緩和できるか否かは,州計画における原子力発電の位置づけに左右される.
[Abstract]
The Clean Power Plan (CPP) is to impose mandatory CO2 reductions on existing power plants in the United States from 2022. This report investigates the final CPP released in August 2015, and identifies three issues that need to be addressed:
i) The CPP aims to accelerate replacement of coal power generation with natural gas power generation. This is economically sound and does not harm energy security of the United States, because of its abundant supply of natural gas.
ii) The CPP may cause so-called "CO2 leakage" from existing plants, covered by the CPP to new ones, not covered by the CPP. Utilities can achieve their mass-based targets, merely by shifting their generation from existing plants to new ones. In order to avoid leakage, that impedes the effectiveness of the CPP, appropriate measures are necessary. In the CPP, each state has authority to formulate and implement a plan to achieve a state-wide target, and it is required to demonstrate how it minimizes the risk of leakage. Aiming to help states, the federal Environmental Protection Agency provides several options to address leakage. However, at this moment, no effective measure is found.
iii) Nuclear power plants owned by independent power providers operating in deregulated states are at risk of early retirement, due to competition with natural gas power plants. If these nuclear power plants retire, it could cancel out considerable amount of CO2 reductions earned by the CPP. Whether or not the CPP can survive these nuclear power plants depends on how states incentivize nuclear power plants in their plans to implement the CPP.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

若林 雅代

社会経済研究所 事業制度・経済分析領域

上野 貴弘

社会経済研究所 エネルギーシステム分析領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
クリーンパワープラン Clean Power Plan
石炭火力発電規制 Regulation on Coal-fired Power Plants
大気浄化法 Clean Air Act
温暖化対策 Climate Change Mitigation
米国 the United States
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.