財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y15010
タイトル
電力市場の競争促進及び活性化に向けた制度的措置の課題
[Title]
Issues in Regulatory Measures to Promote Competition and to Improve Liquidity in the Liberalized Electricity Market
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
小売電力市場における競争の促進や、そのための卸電力取引の活性化のために、既存の大手電気事業者に求められる制度的措置として、欧州で見られる仮想発電設備(VPP)、フランスの既設原子力発電への規制アクセス制度(ARENH)、イギリスでの先渡し市場におけるマーケットメーカーの義務化を取り上げ、それらの概要と運用実態を明らかにするとともに、わが国で同様の制度的措置の導入を検討せざるを得ない場合に留意すべき点を検討した。このような制度的措置は、中長期的な競争に及ぼす影響を考慮し、いずれも一定期間運用した後に終了して期限や終了させる条件を事前に定めて運用することが望ましい。また、将来的に再生可能エネルギーの大量導入によって卸電力価格が低下すれば、こうした措置が不要となる可能性についても留意すべきである。
[Abstract]
This report discusses the issues in regulatory measures in liberalized electricity market by imposing some obligation to the incumbent firms to promote competition by helping the new entrants to access to the wholesale power. We examine three such measures: (1) Virtual Power Plant (VPP), also known as Virtual Divestiture, (2) Regulated Access to the Historic Nuclear Power Plants (ARENH) in France, and (3) Market Maker Obligation in the UK. Virtual Power Plants are widely used as regulatory measures to prevent market power of the incumbents or dominant firms created through mergers but only implemented for a limited period of time (less than 10 years) and the capacity affected by VPP is also limited (mostly less than 10%). ARENH determines the price for access by regulation but it would be difficult to establish the appropriate price level. Recently, as the wholesale power prices are decreased, ARENH volume has been decreased. Market Maker obligation is expected to impose some costs on the major suppliers and how they could recover such costs needs to be determined. We argue that these measures should be introduced with caution as they harm competition in the long run. For example, the measures should be implemented for a pre-specified period of time.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 徹

社会経済研究所 事業制度・経済分析領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
競争 Competition
流動性 Liquidity
仮想発電設備 Virtual Power Plant
規制アクセス Regulated Access
マーケットメーカー Market Maker
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.