財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y15011
タイトル
業務用空調機による系統周波数制御効果の評価手法の開発
[Title]
Development of evaluation method of air conditioners in the commercial sector for system frequency regulation control service
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
電力システム改革の最終段階にて、アンシラリーサービス市場が米国にならって立ち上がる可能性がある中で、電力需要の中でも大きな割合を占める空調需要は、アンシラリーサービスを供給する需要側資源として大きなポテンシャルを持つ。再生可能エネルギーが大量導入される将来、蓄電池による対応が議論されているが、いかにその必要量を削減できるかが、社会コストを削減する観点からも、蓄電池以外のオプションを考えておくことは重要である。
PJMでは実際に空調機が周波数調整に用いられているという報告もあるが、米国の空調機はインバータが付属されていない場合が多く、その制御効果、技術的ポテンシャル共に日本の空調機にそのまま適用はできないものと考えられる。日本製空調機の現状の電力消費変化特性や、日本の系統特性を考慮したうえで、定量的な評価が必要である。本報告書は業務用空調機を周波数調整に用いることの評価方法として、蓄電池の削減可能量を評価することを提案した。
[Abstract]
Large-scale penetration of renewable resources generation will require larger amount of frequency regulation services even in normal situations against decreasing contribution of thermal power and hydroelectric power generations in power systems, which supply ancillary services mainly up to now. In the U.S., demand-side resources such as controllable loads and self-generators are being integrated into ancillary services market as dispatchable loads. In this report, as demand side resources for frequency regulation, we focused on air conditioning systems, which cover a large part of electric demand in Japan. We simulated system frequecy fluctuation of electric power systems installed a large amount of wind power and photovoltaic power and controlled thermal power generators, battery, and air conditioners. We confirmed that utilization of air conditioners for regulation service has potential to reduce the required capacity of battery for utility companies, which proves the proposed method's usefulness for evaluation of air conditioners to commercially provide system frequency regulation control services.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

金田 章宏

社会経済研究所 エネルギーシステム分析領域

浅野 浩志

社会経済研究所

坂東 茂

社会経済研究所 エネルギーシステム分析領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
周波数調整 Frequency Regulation Control
空調機 Air Conditioner
再生可能エネルギー Renewable Energy
デマンドレスポンス Demand Response
蓄電池 Battery
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.