財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y15014
タイトル
地域別・産業別にみた国内製造業の生産動向の特徴−企業向けアンケート調査に基づく分析−
[Title]
Characteristics of the production trends of domestic manufacturing companies by regions and industries - An analysis on a questionnaire survey -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
産業用電力需要の想定にあたり、地域別・業種別にみた国内企業の生産動向の特徴を把握する必要がある。しかし、2014年以降の円安定着による製造業の国内回帰等の新たな動きが見られるなど、企業の生産動向の先行きを見通しにくい状況にある。そこで、製造業を対象に将来の生産動向に関する企業アンケート調査を行い、国内生産や設備投資動向の特徴を把握し、国内生産を維持する上でのリスク要因や海外生産の国内回帰による国内経済への効果を明らかにする。化学、鉄鋼、機械製造業の国内企業15,000社を対象に、2015年2〜3月に実施した調査(回収率:11.9%)の分析結果より、まず、34%の企業が国内での増産を検討し、59%の企業が新規設備導入を検討していることが明らかとなった。また、国内生産を維持する上でのリスク要因として、「エネルギーコストの上昇」や「労働力の不足」等の要因が挙げられた。さらに、国内回帰の国内経済への効果を試算すると、2020年までの経済成長率を0.1%ポイント押し上げることとなった。
[Abstract]
It is necessary to grasp the characteristics and trends of the production of domestic manufacturing industry to forecast the industrial electricity demand. This report shows the results of a questionnaire survey on the features of production trends targeting 15,000 firms conducted in February-March 2015. The response rate is 11.9%. The results are as follows:
(i) 34% of the respondents plan to produce more domestically in the near future. About 60% of the respondents plan to invest new equipment domestically in the near future. The highest increase rate of production is 7.6% in Hokuriku region.
(ii) Those firms recognize risk factors to maintain their domestic production level, such as "decrease in domestic demand", "rise of the energy cost", and "the lack of the labor force".
(iii) 5% of respondents say they will decrease overseas production and promote reshoring. In addition, majority of them answers to put back 20% of their overseas production to Japan. Based on this finding, the economic impacts of the reshoring are estimated with an assumption that output of 0.83 trillion yen currently manufactured abroad is replaced to be exported from Japan due to reshoring. As a result, growth rate of GDP reaches 1.3% until 2020, which is 0.1% point higher than that in the case without reshoring.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

浜潟 純大

社会経済研究所 事業制度・経済分析領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
生産 Production
設備投資 Investment
アンケート調査 Questionnaire survey
国内回帰 Reshoring
エネルギーコスト Energy cost
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.