財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y15018
タイトル
国の温暖化対策関連事業の現状と課題―公会計資料と行政事業レビューシートに基づく分析―
[Title]
Government programs for climate change mitigation in Japan: an analysis based on public budget documents and Government Project Review Sheets
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
近年,温暖化対策に多額の政府予算が投じられており,「地球温暖化対策計画」の策定や温暖化対策税の段階的施行を背景に,今後も一層の増額が予想される.しかし,予算の使途や成果は明らかでなく,継続的な評価が必要である.温暖化対策関連予算については環境省による集計があるものの,補正予算が含まれない等の問題があり,国全体の温暖化対策事業を包括的に俯瞰するための適切な資料は存在しない.そこで本稿は,国の温暖化対策関連事業の全体像を把握し,使途を明らかにすること,またそれらの事業の費用対効果や評価に関する課題を整理することを目的とする.本稿では国の予算書類および行政事業レビューシートから温暖化対策に関係する事業情報を全て抽出したデータベースを作成し,以下1)〜3)を明らかにした.1)国の温暖化対策関連経費(決算額)は,2008〜2014年度の7年間で約4.3兆円に上る(森林吸収源や原子力・核融合関連の経費を除く).その内訳は,エネルギー特別会計から1.6兆円,一般会計から2.7兆円である.エネルギー特別会計における温暖化対策関連経費は2013年以降大きく増加し,予算額で年2,000億円前後から年6,000億円超になった.特に増加したのは,再生可能エネルギーの大量連系に伴う系統安定化対策や中小企業の省エネ設備投資促進に関する事業である.また,一般会計からはエコカー補助金・エコポイント事業の他,震災後は復興予算として需要抑制・再エネ導入事業に多額の予算が投じられてきた.2)省エネ・再エネ設備導入に関する主な補助事業50件について,行政事業レビューにおける事業成果の評価状況を集計したところ,設備導入によるエネルギー・CO2削減効果を試算した事業は4割に満たず,エコカー補助金等,巨額にも関わらず効果を適切に評価していないケースがあった.費用対効果の推計値を集計したところ,省エネ設備導入支援では1万円/t-CO2を下回る事業が多数ある一方で,再エネ導入支援やエコポイント事業などCO2削減単価が数10万円/t-CO2に及ぶ事業も存在した.3)現在の温暖化対策事業は設備導入支援への偏りが大きく,省エネ診断等のソフト支援が手薄であり,その拡充が求められる.また,事業効果の適切な評価のため「追加性」の視点の導入など方法論の改善,およびそのための評価予算の拡大が必要である.今後は,本研究で開発したデータベースを活用して国の温暖化対策事業を継続的に評価し,効果的・効率的な事業設計や温暖化対策税のあり方について提言していく.
[Abstract]
The Japanese government has been spending huge public budgets for various programs to mitigate climate change, such as subsidy programs for energy efficient and renrewable technologies, and R&D programs to develop innovative low carbon technologies. This report makes a comprehensive review of government projects and expenditure related to climate change mitigation in order to grasp their total expenditure and to analyze portfolio of supported technology and activity types, outcome, and the cost-effectiveness. It is estimated that the total expenditure for climate change mitigation excluding nuclear energy and forest sink projects ammounts to 4.8 trillion JPY (approxmately 40 billion USD) in the period of 2008 to 2014. 40% of the total expenditure went to only three largest programs, namely the Eco Car Subsidy, the Eco Point Programs for Appliances and Houses, all of which have gone through virtually no or only poor evaluations by the implementing ministries. While some programs had decent cost-effectiveness of reducing carbon dioxide emission at below 10,000 JPY/t-CO2 (approximately 90 USD), there are also programs with very low cost-effectiveness at more than 100,000 JPY/t-CO2. Moreover, all of the evaluation was based on "gross" reduction, not on "net" of freeriders, rebound and other factors, which may lead to overestimation of perfomeances. The resulet shows the need for a much larger resource for evaluation activities by the government.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

木村 宰

社会経済研究所 エネルギーシステム分析領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
温暖化対策 climate change mitigation
政府予算 government budget
政策評価 policy evaluation
費用対効果 cost-effectiveness
行政事業レビュー Government Project Review
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.