財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y15020
タイトル
福島原子力事故後の原子力安全規制が内包する規制リスク-原子炉等規制法の規制構造に着目して-
[Title]
Regulatory Risks Associated with Nuclear Safety Legislation After Fukushima Daiichi Nuclear Accident in Japan- Focus on Legal Structure of the Nuclear Reactor Regulation Act -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
福島第一原子力発電所事故以降の、原子炉等規制法の下での原子力安全規制は、(1)事業を通じて規制を及ぼすという規制方式が事業の再編等を阻害する、(2)原子力規制委員会が原子力産業政策に基づく規制運用を行う潜在的なリスクがある、(3)不明瞭な規制の下でバックフィット対応を行わなければならない、といった課題を抱えており、それらは、原子力事業経営に対する潜在的な規制リスクとなり得る。これらを克服するために、本報告書は、これらの規制上の課題について分析し、以下に述べる規制改革の方向性を示した。
(1)原子力規制における産業政策的規定を明確化し、これらの規定については、産業政策を担う行政庁(経済産業大臣)による制度運用を確保する。
(2)規制を評価し、その継続的改善を促す仕組み(安全目標)を導入し、規制の継続的改善を前提とする規制への転換を求めることや、行政立法や規制運用の妥当性についてチェック可能な規制体制とする。
[Abstract]
Nuclear safety regulations enforced after Fukushima Daiichi Nuclear Disaster under the Nuclear Reactor Regulation Act face the following regulatory problems that are potential risk factors for nuclear business; i) entity based regulation that cannot cope with industry reorganization in nuclear industry, ii) potential risk of the Nuclear Regulation Authority's involvement in nuclear industry policy, and iii) compliance of backfits under ill-defined regulations.
In order to alleviate them, this report, through the analysis of these regulatory problems, proposes the following regulatory reform;
(1)o clarify the rule for industry policy in nuclear regulations and enable Ministry of Economy, Trade and Industry that is the authority which is suitable to implement industry policy to take it,
(2)Through establishing safety goals as measures promoting continuous regulatory improvement of nuclear safety regulations, modifying the regulations that are not assuming their frequent change, and establishing regulation systems under which validity of administrative law and its application can have been checked.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/11
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田邉 朋行

社会経済研究所 事業制度・経済分析領域

丸山 真弘

社会経済研究所

稲村 智昌

社会経済研究所 事業制度・経済分析領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
原子炉等規制法 The Nuclear Reactor Regulation Act
原子力安全規制 Nuclear Safety Regulations
規制リスク Regulatory Risks
バックフィット Nuclear Safety Backfits
安全目標 Safety Goals
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.