財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y15022
タイトル
欧州における再生可能エネルギー普及政策と電力市場統合に関する動向と課題
[Title]
An Analysis of Renewables Market Integration Policies in the European Liberalized Electricity market
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
FITの特徴は、電力需要の変化に応じて調整が困難なVREの出力を長期間・優遇価格で買い取り、たとえ供給超過であってもVREの出力抑制を極力避ける優先給電を保証することにある。VREは安定的な投資環境が整備されることで、コストダウンと普及が進んできたが、FIT等の補助が不要となる「完全市場統合」あるいは「FITの出口戦略」については明確な道筋が描けていない。
本報告は、まずドイツと英国を事例とし、市場統合策として進められているFIP型制度の特徴と課題を評価した。同時に、FITに基づくVRE大量導入が卸電力市場に与える影響を整理した上で、わが国におけるVRE大量導入による卸電力市場価格への影響を定量的に示した。その成果は、以下の3点にまとめられる。
第1に、ドイツ・英国におけるFIP型制度の比較をおこなった上で、両国の「市場統合」の現実はVREと卸市場が別途の市場として残存している状況にあることを明らかにした。
ドイツのFIPと英国のFIT-CfDは、電力販売とプレミアムの支払(入札で定められた補助水準と卸電力の参照価格との差分)をVREの収入とする点で同じである。しかし、FIT-CfDは、(1) 参照価格が補助水準を上回った場合の超過分を払い戻し、(2)入札対象を複数電源で行い(独FIPは電源別)、(3) 参照価格を算定する期間が前日市場の1時間と短い(独FIPは月間)、という点で異なる。特に(3)により、VREはインバランスリスクを負うものの、得られる収入は実質的にFITと変わらない。
VREへの支払を電力販売とプレミアムに分けることで、卸市場への悪影響はFITより軽減される。しかし、別途プレミアムが支払われるため、その効果は限定的である。そこで両国では卸市場でマイナス価格が6時間継続した場合にはプレミアム支払を停止している。ドイツは脱原発、英国は野心的な温暖化目標による石炭火力全廃と、電源構成の抜本的転換を進めている。安定供給確保のため、低炭素電源への投資環境整備が必要であることもあり、「市場統合」の現実はVREと卸市場が別途の市場として残存している状況にある。
第2に、VREによるメリットオーダー効果(卸電力価格の下落)を推計した。欧州等の自由化された電力市場では、優遇価格・優先給電が保証されたVRE大量導入により卸電力価格が低下し、安定供給の確保に必要な需給調整用電源の経済性を劣後させる等の課題が生じている。先行研究の条件を揃えた上で比較したところ、VREが1GWh追加されると、卸電力価格はドイツで0.6〜0.9€/MWh、スペインで1.7〜3€/MWh下落することが明らかになった。また、わが国ではVREが約7300万kW導入されると、ピーク時間帯・端境期ともに約2円/kWh下落することも分かった。これら数値は、今後VRE大量導入によって生ずる安定供給上の懸念(需給調整用電源の固定費回収の困難化等)を定量的に評価するための基礎的な材料となる。
第3に、完全市場統合に向けた示唆をとりまとめた。前述したように、FIP型制度の特徴は、卸電力市場を通じた電力販売と、卸価格にプレミアムを加えた額が再エネ事業者の収入となる点にある。しかし、前述の第2の点(VREによるメリットオーダー効果)において言及したように、電力販売から得られる収入は、VRE発電事業者が発電を増やすほど低下していく。これはVREが発電量を増やすほど、FIPのもとでVREが得られる電力販売収入が低下していくことを意味する。すなわち、VREのコストダウンが卸価格の下落を上回らなければ、完全な市場統合には至らない。
今後の制度設計においては、入札等による競争原理の活用とともに、VREの出力変動調整費用等を加算したシステムLCOE(調整均等化発電原価)を用い、十分なコスト低減効果が確認できなければ補助の見直しや打ち切りといった機動的な制度修正を行うといった措置を講ずることで、完全市場統合を模索すべきである。
[Abstract]
As the share of Variable Renewable Electricity (VRE), such as PV, increases massively in some European countries, feed-in premium schemes (FIP) have been implemented to give a better incentive to accommodate more VRE efficiently by increasing direct participation in electricity markets. This report investigates FIP polices, such as the FIP for utility scale PV in Germany and Contract for Difference (FIT-CfD) in the U.K. Key findings are as follows.
1.While those countries share common aims to implement both VRE support and electricity wholesale market, in reality, the individual markets continue to coexist.
2.With the fall in wholesale electricity prices, the existing generator's economy, which is a prerequisite for stable supply of electricity, has deteriorated. Because the income generated from electric power sales has dropped with the increase in VRE production by power generation suppliers, unless these cost reductions exceed the declines in wholesale prices, the market integration cannot be achieved.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

朝野 賢司

社会経済研究所 エネルギーシステム分析領域

岡田 健司

社会経済研究所 エネルギーシステム分析領域

永井 雄宇

社会経済研究所 エネルギーシステム分析領域

丸山 真弘

社会経済研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
固定価格買取制度 Feed-in Tariff
フィードインプレミアム制度 Feed-in Premium
市場統合 Market integration
メリットオーダー効果 Merit order effect
自然変動型再生可能エネルギー Variable Renewable electricity
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.