財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y16003
タイトル
欧州主要国の卸電力市場の流動化とスポット市場の取引量
[Title]
Liquidity in the Wholesale Electricity Market and Trading Volume in Spot Market in the Major European Countries
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
背 景
電力システム改革では、卸電力市場の活性化を目的として、取引所取引の流動化に向けたグロスビディングといった新しい自主的取り組みが始まろうとしている。また、連系線利用ルールの見直しで導入される間接オークションも取引所取引の増加につながると考えられる。しかし、こうした施策によって、卸電力市場の流動化が円滑に進むのかどうかは必ずしも明らかではない。

目 的
電力の自由化後、卸電力市場の流動性を高めてきた欧州主要国の事例に基づいて、スポット市場の取引量増加の背景や大手事業者に向けられる懸念に関する状況を明らかにし、わが国で進められる卸電力市場の活性化の留意点を示す。

主な成果
1. 欧州の卸電力取引の特徴とスポット市場の流動化への示唆
欧州では、スポット市場での取引だけでなく、先物取引や相対取引(OTC)が活発に行われている(表1)。欧州でOTC取引が活発なのは、米国から参入してきた市場参加者の先駆的取り組みの他、相対契約の標準化(契約書の雛型の統一)などトレーディング事業者の自主的取組があったためと考えられる。また、取引所のスポット市場は、指標性のある卸電力価格を形成する場として重要であり、その流動性は関連する他の市場の活性化に必要であるが、同時に、関連する市場が整備されることで、スポット市場の取引を促し、卸電力市場全体の流動性を高めるという見方も重要である(図1)。
2. 欧州におけるスポット市場の取引量の増加の要因と大手事業者に対する懸念への対応
卸電力市場の流動性は様々な要因で高まると考えられる(表2)。欧州の経験から、スポット市場の取引量は、わが国でも既に導入の決まったグロスビディングや連系線の利用における間接オークションの適用で増加が見込まれる他、卸電力価格の低下で自律的に増加する可能性もある(図2)。また、イギリスの競争市場庁による調査結果が示すように、発電と小売で大きな市場シェアを持つ事業者が、社内取引によって卸電力市場の流動化を妨げたり、それによって競争を阻害したりするとは限らない。わが国でも、市場での取引量の増加によって流動性が高まっていく過程においては、大手事業者にのみ取引の制約を課す非対称規制の導入や強化を急ぐべきではない。

今後の展開
卸電力市場の活性化とともに重要性を増す市場監視の強化が、市場参加者の負担や規制のコスト、市場に与える影響などを明らかにする。
[Abstract]
This report reviews the process of improving liquidity in wholesale electricity markets and increasing the trading volume in spot market in major European countries and discusses the conditions to be met for adequately liquid wholesale electricity market in Japan without excessive regulatory intervention. After reviewing the current status of regulatory measures to the wholesale market in Japan, we discuss the differences in trading practices between Europe and Japan, and show that OTC market is dominant in the wholesale electricity market in Europe. We provide several possible reasons for this, including the role of market players and industry's association in standardizing the bilateral contracts. We then discuss the development of spot market trading in power exchange in the liquid wholesale market by reviewing experiences of four major European countries/region; UK, France, Germany and Nordic countries. We found that these countries have experienced different ways of improving the liquidity and we conclude that we need to carefully analyze the country-specific situation. Liquidity in the spot market is important for other related market, but at the same time, the liquid sport market needs liquid futures/forward market as well as bilateral market. Liquid spot market can be realized without regulatory measures that may cause distortion in the market.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2016
発行年月 [Issued Year / Month]
2017/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 徹

社会経済研究所 事業制度・経済分析領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
卸電力市場 Wholesale Electricity Market
流動性 Liquidity
電力取引 Power Trading
卸電力取引所 Power Exchange
市場監視 Market Monitoring
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.