財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y92017
タイトル
グローバルCO2排出抑制評価のための長期エネルギーシナリオ解析
[Title]
A LONG-TERM ENERGY SCENARIO ANALYSIS OF GLOBAL CARBON DIOXIDE EMISSION CONTROL POLICIES
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
(財)電力中央研究所および国際応用システム解析研究所(IIASA)の共同研究「地球規模のエネルギーと気候変動」において,先進国および旧ソ連・東欧諸国や途上国等の各地域の長期動向についての詳細なデータ収集に基づいて,長期エネルギーシナリオを構築し,2050年までの世界のエネルギー需給およびCO2排出量をシミュレーションモデルにより定量的に評価した。その結果,以下の結論を得た。(1)来世紀前半に,エネルギー消費および炭酸ガス排出において,途上国のそれが先進国のそれを上回り,炭酸ガス排出抑制対策上の重要度も増す。(2)先進国では最終エネルギー需要を減少に転じさせ得る可能性があるが,途上国の最終エネルギー需要はなお増大を続ける。これを賄いつつ大きな排出削減を実現するには,原子力,自然エネルギー等を主力とする革新的なエネルギー供給構造へのリストラクチャリングが必須である。(3)世界の炭酸ガス
[Abstract]
WE PERFORMED A GLOBAL ENERGY SCENARIO ANALYSIS FOCUSED ON DIFFERENT POLICY ORIENTATIONS TO ENERGY SYSTEMS AND SUBSEQUENT CARBON EMISSIONS. BY COMBINING THE TWO SETS OF FINAL ENERGY DEMAND SCENARIOS WITH THE THREE SETS OF PRIMARY ENERGY SUPPLY CONSTRAINTS,SIX EVALUATION CASES WERE INVESTIGATED UP TO THE YEAR 2050,BASED ON A SIMPLE SIMULATION FRAMEWORK. THE MAJOR FINDINGS ARE SUMMARIZED AS FOLLOWS:(1)THE PRIMARY ENERGY CONSUMPTIONS,AS WELL AS CARBON EMISSIONS,OF DEVELOPING COUNTRIES WILL EXCEED THOSE OF INDUSTRIALIZED COUNTRIES BY THE MIDDLE OF THE NEXT CENTURY. THUS,THE MAJOR STAGE FOR GLOBAL CARBON EMISSION CONTROL WILL SHIFT TO DEVELOPING REGIONS. (2)ENERGY DEMAND WILL CONTINUE TO INCREASE,PRIMARILY IN DEVELOPING COUNTRIES. IN ORDER TO REDUCEGLOBAL CARBON EMISSIONS WHILE ENSURING ADEQUATE SUPPLY,IT IS INDISPENSABLE TO PROMOTE COMPREHENSIVE RESTRUCTURING OF ENERGY SYSTEMS WITH BETTER UTILIZATION OF NON-CARBON RESOURCES SUCH AS NUCLEAR AND RENEWABLES. (3)AS THE MOST PRACTICAL MEASURE TO CONTROL CARBON EMISSIONS IN THE NEARER TERM,E.G. 2010,THE PRIORITY SHOULD BE DEMAND-SIDE MEASURES SUCH AS CONSERVATION AND EFFICIENCY IMPROVEMENT. MEANWHILE,IT WILL REQUIRE A LONG LEAD-TIME BEFORE COMMERCIALIZATION OF THE NEW ENERGY RESOURCES EXPECTED TO PLAY A POWERFUL ROLE IN REDUCING CARBON EMISSIONS. THUS,MANKIND SHOULD IMMEDIATELY ESTABLISH A COMPREHENSIVE ENERGY STRATEGY INTEGRATING DEMAND-SIDE MEASURES AND SUPPLY-SIDE ADVANCED TECHNOLOGY AND R&D.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1992
発行年月 [Issued Year / Month]
1993/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

長野 浩司

経済研究所経済部エネルギー研究室

Y. Sinyak

国際応用システム解析研究所(IIASA)

キーワード [Keywords]
和文 英文
地球温暖化 GLOBAL WARMING
エネルギーシナリオ ENERGY SCENARIO
CO2排出 ARTHROPOGENIC CARBON EMISSION
先進国 DEVELOPED COUNTRIES
途上国 DEVELOPING COUNTRIES
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.