CERIEPI 電力中央研究所 材料科学研究所
材料科学研究所は、電力中央研究所に属する研究所です。サイトマップ
TOP  >  研究所のご紹介  >  主な研究設備
主な研究設備

材料科学研究所の設備をご紹介いたします。

No.1 電池材料評価装置 【機能材料領域】
電池材料評価装置 水分・酸素などの不純物を高度に除去した雰囲気でリチウム二次電池材料の観察と解析を行う真空置換型アルゴングローブボックスを中心として、電池充放電時に電極のその場構造解析が可能な粉末X線回折装置、充放電反応熱解析が可能な高感度熱量計、大気非暴露観察が可能な走査電子顕微鏡等を用い、電池材料内部の多元的な分析を行います。またそれらの結果に基づき、電池特性劣化要因の分析、新規材料の開発評価などを進めています。
No.2 リチウム電池試験設備 【機能材料領域】
リチウム電池試験設備 リチウムイオン電池の単電池を主な対象とし、太陽光発電の平滑化運転パターン、電気自動車の走行パターンの模擬運転、およびこれらの長期充放電サイクル試験を行っています。電池は恒温槽内に設置され、各種温度条件での保存試験も実施しています。また、交流インピーダンス装置を用いた非破壊劣化解析も行い、電池性能低下要因の解明を進めています。
No.3 水蒸気電解設備 【機能材料領域】
水蒸気電解設備 現在、燃料電池の逆反応を利用した電解が注目されております。本設備では、固体酸化物形電解セル(SOEC)の部材の電気的特性や長寿命性を評価するとともに、SOFCのセルを用いて電気を流すことにより、水蒸気を電解して水素を製造する技術やCO2を電解してCOに変化させる再資源化の研究を行っています。
No.4 太陽光発電試験設備 【機能材料領域】
太陽光発電試験設備 国内・海外メーカ8社4電池系の太陽光発電システムを赤城試験センターに計27.5kW設置して,系統連系運転させ,太陽電池モジュール・ストリング毎の屋外運転データを計測しています。さらに,国内メーカ4社5電池系の太陽電池モジュールも設置し、各種日射・気象データと共に電流電圧特性を計測しています。また、一部の代表的太陽電池モジュールは西向き・北向きにも設置して、出力の方位依存性についてのデータも計測しています。
トップへ
研究所のご紹介
概要
アクセスマップ
主な研究設備
研究内容
研究成果
メディア掲載
お問い合わせ・採用情報
copyright利用規約リンク集