原子力リスク研究センター

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
HOME > NRRCの紹介 - 活動実績 講演等

活動実績

講演等

●自主的安全性向上・技術・人材ワーキンググループ 第11回会合(2016年9月26日)

日 付 2016年9月26日
場 所 経済産業省 本館17階 国際会議室
発表者 アポストラキス所長
概 要 アポストラキス所長が、資源エネルギー庁が開催する自主的安全性向上・技術・人材ワーキンググループ第11回会合にオブザーバーとして出席し、リスク情報を活用した意思決定について発表を行った。

 Risk-Informed Decision Making (英文)
 リスク情報を活用した意思決定について (仮訳)

●NRRCシンポジウム2015(2015年9月2日)

日 付 2015年9月2日
場 所 大手町サンケイプラザ ホール
発表者 アポストラキス所長
概 要 アポストラキス所長が、NRRCシンポジウム2015にて基調講演を行った。

 リスク概念と、それを活用した原子力施設の安全問題の合理的解決

●讀賣新聞 論点(2015年8月27日、30日)

日 付 2015年8月27日、30日
発表者 アポストラキス所長
概 要 アポストラキス所長が残留リスクの考え方について読売新聞に寄稿を行い、論点(8月27日)に掲載された。また、読売新聞の英字新聞Japan Newsにおいて8月30日に英文原稿が掲載された。

 原子力「残留リスク」の考え方(8月27日、論点)
 原子力発電の安全性における「残留リスク」の考え方を理解することの大切さについて(8月30日、和訳)
 Understand 'residual risk' for nuclear safety(8月30日、英文)

●2015カリフォルニア大学環太平洋フォーラム(2015年6月8日)

日 付 2015年6月8日
場 所 米国、カリフォルニア大学バークレー校
発表者 アポストラキス所長
概 要 アポストラキス所長が、国際会議「2015カリフォルニア大学環太平洋フォーラム」にて、基調講演を行った。

 Perspectives on the Safety of Nuclear Facilities(英文)

●第23回原子力委員会(2015年6月4日)

日 付 2015年6月4日
場 所 中央合同庁舎4号館12階1202会議室
発表者 メザーブ顧問
概 要 メザーブ顧問が、原子力委員会にて、原子力利用の「基本的考え方」について発表を行った。

 Nuclear Policy After Fukushima(英文)

●第2回日本電気協会原子力規格委員会シンポジウム(2015年6月4日)

日 付 2015年6月4日
場 所 東京大学武田先端知ビル5階 武田ホール
発表者 アポストラキス所長
概 要 アポストラキス所長が、第2回日本電気協会原子力規格委員会シンポジウムにて、規制の意思決定と確率論的リスク評価(PRA)について発表を行った。

 規制の意思決定と確率論的リスク評価(PRA)

●第22回原子力委員会(2015年6月3日)

日 付 2015年6月3日
場 所 中央合同庁舎4号館12階1202会議室
発表者 アポストラキス所長
概 要 アポストラキス所長が、原子力委員会に出席し、米国における原子力発電所の規制の考え方について発表を行った。

 Regulating Nuclear Power Plants(英文)

●アイダホ国立研究所(2015年4月30日)

日 付 2015年4月30日
場 所 米国、アイダホ国立研究所
発表者 アポストラキス所長
概 要 アポストラキス所長が米国のアイダホ国立研究所の招待を受けて、NRRCの活動内容についての講演を行った。

 The Nuclear Risk Research Center(英文)

●PSA 2015(2015年4月27日)

日 付 2015年4月27日
場 所 米国、アイダホ州サンバレー
発表者 アポストラキス所長
概 要 アポストラキス所長が米国原子力学会が開催する国際会議「PSA 2015」に出席し、米国におけるPSAの展望について講演を行った。

 Perspective on PSA(英文)
*PSA = Probabilistic Safety Assessment and Analysis

●自主的安全性向上・技術・人材ワーキンググループ 第5回会合(2015年1月21日)

日 付 2015年1月21日
場 所 経済産業省 本館17階 国際会議室
発表者 アポストラキス所長
概 要 アポストラキス所長が、資源エネルギー庁が開催する自主的安全性向上・技術・人材ワーキンググループ第5回会合にオブザーバーとして出席し、原子力リスク研究センターの現状について発表を行った。

 原子力リスク研究センターの現状について
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry