原子力リスク研究センター

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
HOME > NRRCの紹介 - 研究チーム - リスク評価研究チーム

リスク評価研究チーム

要員

約50名(主な研究拠点:横須賀地区)

ユニット

リスク評価研究チームは以下の専門分野の技術を有する3ユニットにより構成されます。

リスク解析ユニット
所属研究員専門分野: 原子炉システム、信頼性工学、火災影響、リスクコミュニケーション、
ヒューマンファクター等
主な研究テーマ: PRA手法と活用技術の開発
内部火災及び内部溢水PRAの高度化
人間信頼性評価手法開発
プラント熱流動ユニット
所属研究員専門分野: 伝熱流動、原子燃料、原子炉工学、数値流体力学、電気化学 等
主な研究テーマ: 格納施設健全性評価手法の高度化
事故進展解析コード群の整備とレベル1,2 PRAへの適用
環境解析評価ユニット
所属研究員専門分野: 立地評価、大気環境、海洋拡散、生物生態等
主な研究テーマ: 大気および海洋拡散評価手法の高度化

主な研究設備

フィルタベント試験装置

 原子力発電所の安全性向上対策としてフィルタベント装置(FCVS)の設置が進められています。FCVSは、格納容器内圧力を低減し、多段のスクラバを通じて、放射性物質の放出を低減する装置です。代表的なFCVSは、ベンチュリスクラバ、水(アルカリ水溶液)スクラバ、金属繊維フィルタそしてモレキュラーシーブを採用しています。電中研ではFCVS性能評価のためのデータベース構築および最適運用方法の提案を目的として、実機模擬性のあるFCVS試験設備を建設しました。この試験設備は、実スケールの試験部(高さ8m、内径0.5m)蒸気ボイラ、ヨウ素/エアロゾル発生装置そして最新の計測システムを有しており、本設備は、さまざまな条件(温度、圧力、流量、水質)でのFCVS性能を測ることが可能です。

フィルタベント試験装置 フィルタベント試験装置

軽水炉模擬燃料冷却限界実験設備

 福島第一原子力発電所の事故を教訓に、従来の安全審査で要求された設計基準事象の範囲を超えた事故時の安全対策が必要とされています。今後は、燃料が損傷するまでの燃料露出過程、さらに過酷事故に至る厳しい条件を仮定した事故マネジメント策の高度化が重要な課題です。

 当所では、事故時の原子炉燃料集合体内の冷却特性を把握するため、「軽水炉模擬燃料冷却限界実験設備」を設計製作しました。本設備は、軽水炉の定格運転条件を模擬できる高温高圧ループとX線CT/リアルタイムラジオグラフィ設備により構成され、圧力容器内の模擬燃料集合体と内部流動を三次元可視化することができます。2014年10月より、本設備を用いた実験に着手しました。

軽水炉模擬燃料冷却限界実験設備 軽水炉模擬燃料冷却限界実験設備

放射性物質の海洋拡散シミュレーション

 福島第一原子力発電所事故によって、放射性物質の流出による海洋汚染は、沿岸のみならず太平洋に面する諸外国にとっても懸念となりました。そのため、海洋モニタリングによる実態解明が急務とされましたが、船舶による採水が制約となり、十分な解明が困難となっていました。

 そこで、当所では福島第一原子力発電所事故直後、これまでの温暖化研究や放射性物質の海上輸送の安全性評価の知見をもとに、福島沖および北太平洋の海洋拡散シミュレーション手法を開発しました。このシミュレーションによる結果と海洋モニタリングデータとの比較を行いながら海洋拡散の実態解明に取り組み、学術誌などに発表してきました。引き続き、福島沖に限らず、他海域への適用についても検討を進めていきます。

放射性物質の海洋拡散シミュレーション

図 福島沖における表層137Cs濃度のシミュレーション結果と観測結果
(2011年6月4日から18日、○で示す)との比較。

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry