原子力技術研究所 放射線安全研究センター

HOME > 研究設備(生物影響)

研究設備のご紹介(生物影響)

放射線安全研究センターでは、さまざまな研究設備や装置を用いて、低線量放射線の生物影響研究を自ら実施しています。

■低線量率放射線長期照射設備
幅9m、奥行き12m、高さ5mのクリーンルーム内にガンマ線源(セシウム137)を設置。低線量率のガンマ線を照射しながら長期間にわたってマウスの飼育や培養細胞の培養を行うことができる。
■X線照射装置
自己しゃへい型としては最大の320KVのX線発生装置。0.2 cGy/min〜数 Gy/minの線量率でX線を照射することができる。
■動物飼育設備
実験動物(マウス)の飼育に最適な温度、湿度に制御し、動物どうしの感染などがおこらないように、常時清浄な空気が供給される装置5台(/2室)を設置。1台で、100〜120匹のマウスを飼育することができる。
■レーザー共焦点顕微鏡
細胞の光断層像を撮り、コンピュータ処理することで、蛍光ラベルした分子の細胞内分布やその移動を三次元イメージとして分析することができる。
■細胞培養設備
バイオクリーンベンチ、CO2インキュベータなど細胞を培養するために設置。同一室内に150KV X線照射装置が設置されている。ヒト、マウス、ハムスターなど由来の細胞を使って、細胞レベルでの放射線応答を調べる。X線照射装置で照射された細胞をすぐに解析することができる。
■レーザー自動細胞計測装置
フロー系、光学検出系、データ処理系からなるフローサイトメータ。蛍光染色した浮遊細胞の蛍光強度・細胞数などを測定することによって、細胞周期の解析・細胞表面および内部抗原の測定・染色体および細胞内活性物質解析ができる。
■ESR(Electron Spin Resonance)ラジカル測定装置
マイクロ波ユニット、分光計、電磁石などにより構成される電子スピン共鳴装置。生体中に含まれる活性酸素・抗酸化酵素などラジカルに関与する物質や細胞膜の流動性などを測定することができる。
■パルスフィールド電気泳動システム
電場の方向を一定時間ごとに変化させることのできるパルスフィールド電気泳動システム。通常の電気泳動では分画できない200kbから6Mb以上の巨大なDNA分子をその長さに応じて分画することができる。

このページのTOPへ

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry