社会経済研究所

ディスカッションペーパー

節電はコストゼロで出来るのか?エネルギー・環境会議のシナリオ
の再検討に向けて

  • 杉山 大志
  • SERC Discussion Paper 12009
  • Date:2013.03.01
   

要約

 

   安倍首相はエネルギー・環境会議のCO2削減の見通しをゼロベースで見直すことを指示した。本稿では、その見直しにあたって、とくに省エネ・節電の見込みについて、論点を整理する。エネルギー・環境会議は、大規模な節電がゼロ以下のコスト(以下、単にコストゼロ)で実現できるとした。確かに設備費・運転費・光熱費のみを考慮した技術的評価ではコストゼロの省エネ・節電機会は多く存在する。また、このような機会が、規制や補助金などによって、実際にコストゼロで実現された事例も幾つか存在する。しかしこれらの総計として、いったいどの程度の量がコストゼロで実現できるかという点については、現状の科学的知見では何とも言えない。特に、エネルギー・環境会議が想定しているように、国の全電力消費のうちの2割という大きな割合がコストゼロで削減できるかというと、現在の科学的知見に基づくならば、その実現は可能性が低い。今後、より現実的な省エネ・節電の想定を実施するための指針を、チェック・リストとして示す。

本文ダウンロード: 本文

免責事項

「社会経済研究所 ディスカッションペーパー」の記載において、意見にかかる部分は筆者のものであり、電力中央研究所又はその他機関の見解を示すものではありません。

Get ADOBE READER
PDFファイルを読むためにはAdobe(R) Acrobat(R) Reader(R)のインストールが必要です。
  • 電力中央研究所
  • 採用情報 Recruiting Information
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry