社会経済研究所

ディスカッションペーパー

「社会経済研究所 ディスカッションペーパー」は、広範の読者に対して、検討初期段階の成果をタイムリーに発信し、広く議論を喚起することを狙いとして刊行するものです。 pdf形式で全文をダウンロードできます。 

◆2011年度(2011年4月〜2012年3月)

番号 タイトル 主報告者 掲載日
SERC Discussion Paper 11041 半導体産業における温暖化対策としてのPFC排出削減
自主的取り組みの成功事例 その2
要旨
若林 雅代 2012.03.08
SERC Discussion Paper 11040 中国はシェールガスの開発技術を獲得できるか?:中国語文献による調査
要旨 本文
上野 貴弘 2012.01.17
SERC Discussion Paper 11039 エネルギー価格高騰下での代替資源開発
−オイルサンドの事例−
要旨 本文
星野 優子 2011.12.27
SERC Discussion Paper 11038 福島県における今後のエネルギー政策
〜従来型発送電技術と再生可能エネルギーの対比を中心に〜
要旨 本文
大藤 建太,
杉山 大志
2011.12.14
SERC Discussion Paper 11037 農業の多面的機能の評価方法の問題点について
要旨 本文
林 直樹,
杉山 大志
2011.12.06
SERC Discussion Paper 11036 途上国における化石燃料補助金の削減を巡る議論の整理
要旨 本文
星野 優子 2011.12.02
SERC Discussion Paper 11035 待機電力削減の取り組み
日本における自主的取り組みの成功事例 その1
要旨
若林 雅代 2011.11.25
SERC Discussion Paper 11034 統計モデルを用いた震災後の東電・東北電管内の節電量の推定
要旨 本文
比護 貴之,
高橋 雅仁,
所 健一
2011.11.22
SERC Discussion Paper 11033 リスク認知バイアスの進化心理学的な解釈
要旨 本文
小松 秀徳,
杉山 大志
2011.11.14
SERC Discussion Paper 11032 温室効果ガス2020年25%削減目標の経済影響評価について
-中長期ロードマップ小委「中間整理」の論点の解明と今後の検討にむけて-
要旨 本文
野中 讓,
朝野 賢司
2011.11.08
SERC Discussion Paper 11031 エネルギー価格の将来シナリオをどのように参考にすればいいのか
要旨 本文
星野 優子 2011.11.02
SERC Discussion Paper 11030 環境対策における不合理の進化心理学的起源とその解決について
要旨 本文
杉山 大志,
小松 秀徳
2011.10.20
SERC Discussion Paper 11029 発送電分離に関する最近の研究のレビュー
要旨 本文
後藤 美香,
服部 徹
2011.09.22
SERC Discussion Paper 11028 太陽光発電の系統電源に対する競争力評価
要旨 本文
野中 譲,
朝野 賢司
2011.09.21
SERC Discussion Paper 11027 系統安定化対策コストを考慮した
日本における太陽光発電コスト見通し
要旨 本文
野中 譲,
朝野 賢司
2011.09.21
SERC Discussion Paper 11026 農林漁業の歴史と未来、温暖化
要旨 本文
杉山 大志 2011.09.12
SERC Discussion Paper 11025 進化的数理モデルによる社会経済現象の記述
要旨 本文
小松 秀徳,
杉山 大志
2011.09.09
SERC Discussion Paper 11024 東日本大震災のマクロ経済影響について
−電中研マクロ計量経済モデルによる試算−
要旨 本文
林田 元就,
浜潟 純大,
中野 一慶,
人見 和美,
星野 優子
2011.08.29
SERC Discussion Paper 11023 岩手県・宮城県・福島県の将来推計人口:
復興はコンパクトな「まち」で
要旨 本文
林 直樹,
齊藤 晋
2011.08.17
SERC Discussion Paper 11022 原子力利用の停滞は電気料金にどの程度影響するか?
―最適電源構成モデル(OPTIGEN)による分析―
要旨 本文
高橋 雅仁,
永田 豊
2011.08.12
SERC Discussion Paper 11021 猛暑に備える家庭の節電対策〜エアコン停止を当てにせず、昼間を中心に、不在時も配慮して、こつこつと〜
要旨 本文
今中 健雄,
若林 雅代
2011.08.08
SERC Discussion Paper 11020 節電は進んでいるのか?〜東京電力管内における需要減少量の試算〜
要旨 本文
西尾 健一郎 2011.08.01
SERC Discussion Paper 11019 カリフォルニアの需給逼迫警報 Flex Alert とその節電効果の評価について
要旨 本文
大藤 建太,
西尾 健一郎
2011.07.22
SERC Discussion Paper 11018 小・中学校における節電授業の取り組み
授業体験を通じて学んだ効果的な授業実施のポイント
要旨 本文
若林 雅代,
星野 優子,
山口 順之
2011.07.19
SERC Discussion Paper 11017 総務系担当者のための夏のビル節電マニュアルの作成
要旨 本文
山口 順之,
木村 宰,
西尾 健一郎
2011.07.13
SERC Discussion Paper 11016 スーパーマーケットにおける節電対策の現状調査と冷凍冷蔵設備の節電手法の解説
要旨 本文
姫井 浩明,
木村 宰
2011.07.11
SERC Discussion Paper 11015 海老名市の休日シフトによるピーク電力削減
要旨 本文
杉山 大志,
今中 健雄
2011.07.11
SERC Discussion Paper 11014 地方自治体による節電対策の進め方
要旨 本文
木村 宰 2011.07.07
SERC Discussion Paper 11013 震災後集団移転の成功要因:
新潟県小千谷市十二平の経験に学ぶ
要旨 本文
林 直樹,
齋藤 晋,
朝野 賢司,
杉山 大志
2011.06.29
SERC Discussion Paper 11012 山形県 5月の節電社会実験(第1回・第2回)の結果と夏に向けた対策に関して
要旨 本文
大藤 建太,
木村 宰,
西尾 健一郎,
野田 冬彦
2011.06.13
SERC Discussion Paper 11011 カリフォルニア州における20/20節電プログラムとその事後評価の方法に関して
要旨 本文
大藤 建太,
木村 宰
2011.05.31
SERC Discussion Paper 11010 需給両面から見た2011年夏の電力不足対策のあり方
―でんき予報を活用した適時適量の節電の提案―
要旨 本文
高橋 雅仁,
浅野 浩志
2011.05.24
SERC Discussion Paper 11009 新潟県 節電社会実験 第2回トライアルの結果と事後評価面の課題に関して
要旨 本文
大藤 建太,
西尾 健一郎
2011.05.17
SERC Discussion Paper 11008 ピーク電力需要の削減に向けた輪番操業パターンの試算
―複数の事務所の輪番操業を例として―
要旨 本文
小松 秀徳,
今中 健雄
2011.04.28
SERC Discussion Paper 11007 新潟県 節電社会実験第1回トライアルに伴う
公共部門と民間需要家の取組み
〜報道・公表資料から〜
要旨 本文
大藤 建太,
木村 宰
2011.04.28
SERC Discussion Paper 11006 需給対策コストカーブの概観
要旨 本文
今中 健雄 2011.04.25
SERC Discussion Paper 11005 打ち水による電力不足緩和について
要旨 本文
杉山 大志,
杉山 昌広,
小松 秀徳
2011.04.22
SERC Discussion Paper 11004 家庭・業務部門における緊急節電政策の施行強化について
要旨 本文
杉山 大志 2011.04.19
SERC Discussion Paper 11003 緊急節電対策としての一時的な照明間引き
要旨 本文
西尾 健一郎 2011.04.13
SERC Discussion Paper 11002 時刻、休日、連休シフトによる夏季ピーク負荷削減効果
要旨 本文
今中 健雄 2011.04.12
SERC Discussion Paper 11001 諸外国における緊急節電の経験
IEA報告 “Saving Electricity in a Hurry”の紹介
要旨 本文
木村 宰 2011.04.07

バックナンバー

免責事項

「社会経済研究所 ディスカッションペーパー」の記載において、意見にかかる部分は筆者のものであり、電力中央研究所又はその他機関の見解を示すものではありません。

Get ADOBE READER
PDFファイルを読むためにはAdobe(R) Acrobat(R) Reader(R)のインストールが必要です。
  • 電力中央研究所
  • 採用情報 Recruiting Information
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry