社会経済研究所

HOME > 注目キーワード > 3. 温暖化対策

注目キーワード

社会経済研究所の研究成果(電力中央研究所報告、ディスカッションペーパーなど)を、2011年度以降を中心に、キーワードごとにご紹介します。

(更新日:2017年5月24日)

3. 温暖化対策

電力中央研究所報告

電力中央研究所社会経済研究所の研究成果をまとめた報告書(PDF版)を、無料でダウンロードできます。報告書名をクリックすると、各報告書の詳細ページが表示されます。

国際情勢
番号 報告書名 主報告者 発行年月
Y15017 COP21パリ協定の概要と分析・評価 上野 貴弘 2016/05
Y14020 2020年以降の温暖化対策の国際枠組みに関する交渉動向
−COP20の結果と2015年合意に向けた課題−
上野 貴弘 2015/05
Y13020 ハイブリッドアプローチに基づく2020年以降の温暖化対策の国際枠組み
−2013年の交渉動向と2015年の合意期限に向けた課題−
上野 貴弘 2014/05
Y12012 2020年以降の温暖化対策の国際枠組み
−論点の整理と新枠組みの類型の提示−
上野 貴弘 2013/03
Y11028 COP17の結果と今後の温暖化対策の国際枠組み
―指導国なきGゼロ化する世界と2020年以降の新枠組みへの示唆―
上野 貴弘 2012/04
温暖化・環境対策
番号 報告書名 主報告者 発行年月
Y16002 暗示的炭素価格とは何か−明示的炭素価格より優れた指標になり得るか− 木村 宰 2017/03
Y16001 排出量取引制度の設計と現状の評価 若林 雅代 2017/03
Y15018 国の温暖化対策関連事業の現状と課題
−公会計資料と行政事業レビューシートに基づく分析−
木村 宰 2016/05
Y15005 米国火力発電所CO2排出規制Clean Power Planの事前評価 若林 雅代 2016/03
Y14005 米国における火力発電所CO2排出規制の動向と今後の展開
−連邦環境保護庁の規制『Clean Power Plan』提案を巡って−
若林 雅代 2015/02
Y13015 長期の地球温暖化対策における二酸化炭素除去技術の役割 杉山 昌広 2014/04
Y11006 地方自治体による地球温暖化対策に対する意識分析
−家庭部門への低炭素型設備の導入義務化は可能か−
田頭 直人
馬場 健司
2012/03
電源別ライフサイクルCO2排出量
番号 報告書名 主報告者 発行年月
Y06 日本における発電技術のライフサイクルCO2排出量総合評価 今村 栄一 2016/06
Y14018 洋上・陸上ウィンドファームのライフサイクルCO2排出量評価 今村 栄一 2015/04
Y01009 年産業連関表を用いたエネルギーおよび温室効果ガス原単位の推計
-海外の生産活動の実態を反映したインベントリデータ-
本藤 祐樹 2012/01
Y09027 日本の発電技術のライフサイクルCO2排出量評価
−2009年に得られたデータを用いた再推計−
今村 栄一 2010/07
Y01006 ライフサイクルCO2排出量による原子力発電技術の評価 本藤 祐樹 2001/08
Y97015 産業連関表を利用した製品のLCA手法
−簡易に計算できるソフトウェア“QuickLCA”の開発−
内山 洋司 1998/06
Y95013 産業連関分析による財サービス生産時のエネルギー消費量とCO2排出量
−産業連関表のLCAへの適用について−
本藤 祐樹 1996/05

ディスカッションペーパー

「社会経済研究所ディスカッションペーパー」は検討初期段階の成果を タイムリーに発信しています。タイトルをクリックすると、無料でPDF版をダウンロードできます。

番号 タイトル 著者 掲載日付
SERC Discussion Paper 15006 炭素価格政策と排出量取引制度IPCC 第5次評価報告からの知見 杉山 大志 2016/03/29
SERC Discussion Paper 15005 バングラデシュにおける地球温暖化への適応について 杉山 大志 2016/02/05
SERC Discussion Paper 14003 IPCC第5次評価第2部会報告書の疑問点 (速報) 杉山 大志 2014/05/07
SERC Discussion Paper 14001 IPCC第5次評価第3部会報告書の解説(速報) 杉山 大志 2014/04/24
SERC Discussion Paper 12009 節電はコストゼロで出来るのか?エネルギー・環境会議のシナリオの再検討に向けて 杉山 大志 2013/03/01
SERC Discussion Paper 12008 環境自主行動計画の実態と評価,今後の活用の論点整理 自主的取り組みの事例分析 その3 若林 雅代 2013/10/26
SERC Discussion Paper 12007 太平洋小島嶼国の環境史と適応戦略 杉山 大志 2012/06/19
SERC Discussion Paper 12001 これからの日本のエネルギー政策・需給とCO2数値目標について 杉山 大志 2012/04/16
SERC Discussion Paper 11041 半導体産業における温暖化対策としてのPFC排出削減 自主的取り組みの成功事例 その2 若林 雅代 2012/03/08
SERC Discussion Paper 11035 待機電力削減の取り組み 日本における自主的取り組みの成功事例 その1 若林 雅代 2011/11/25
SERC Discussion Paper 11032 温室効果ガス2020年25%削減目標の経済影響評価について -中長期ロードマップ小委「中間整理」の論点の解明と今後の検討にむけて- 野中 讓 2011/11/08
SERC Discussion Paper 11030 環境対策における不合理の進化心理学的起源とその解決について 杉山 大志 2011/10/20

電気新聞ゼミナール

電気事業はじめとするエネルギー関連産業の動向を報道する専門紙、『電気新聞』の連載企画「ゼミナール」に、2011年7月から社会経済研究所が隔週で執筆しています。タイトルをクリックすると、掲載記事の原稿のPDF版が表示されます。

*発行元の一般社団法人 日本電気協会新聞部(電気新聞)の許可を得て掲載しています。
  電気新聞の記事・写真・図表類の無断転載は禁止されていますので、ご注意ください。

温暖化・環境対策
掲載日 タイトル 著者
2016/04/04 米国の新たな火力発電所のCO2排出抑制策の本質は? 若林 雅代
2015/04/20 米国における石炭火力規制の動向:急速な脱石炭と安定供給は両立可能か? 若林 雅代
2014/09/22 IPCCの2度シナリオは実現できるのか? 杉山 大志
2014/04/14 世界の2100年までの温室効果ガス排出量の時間経路をどう考えるべきか? 山本 博巳
2013/05/20 電気自動車・プラグインハイブリッド車の利用者はその性能に満足しているか? 田頭 直人
2012/10/01 電気自動車の家庭における普及の最大の阻害要因は何か? 田頭 直人
2012/04/09 企業の温暖化防止に対する自主的取り組みは有効か? 若林 雅代
2011/09/05 ポスト京都議定書の国際交渉は、なぜ停滞しているのか? 杉山 大志
上野 貴弘

電中研TOPICS

「電中研トピックス」は、電力中央研究所の研究成果についてテーマごとに関連する研究を紹介し冊子です。タイトルをクリックすると、PDF版が表示されます。

温暖化・環境対策
NO. タイトル 発行年月
11 エネルギー・環境政策の国民的議論のために 2012/05

電中研レビュー

「電中研レビュー」は、幅広い分野の研究者を有する電力中央研究所の特色を生かし、さまざまな専門分野に跨る課題について、総合的にわかりやすく説明した資料です。タイトルをクリックすると、PDF版が表示されます。

温暖化・環境対策
NO. タイトル 発行年月
56 地球温暖化の科学的知見と対策技術 2015/11

電中研ニュース

「電中研ニュース」は、電力中央研究所の研究成果を、写真・図版を交えて説明したリーフレットです。タイトルをクリックすると、PDF版が表示されます。

温暖化・環境対策
NO. タイトル 発行年月
469 主要要7カ国(G7)のCO2削減ポテンシャル
−暖房・給湯用ヒートポンプと電気自動車の導入によりCO2削減量は約10%と推定−
2011/02
462 省エネ機器の普及を阻む省エネバリアを越えるために
− エアコン利用による家庭暖房からのCO2排出量を削減 −
2009/10
450 日本の二酸化炭素排出量はどこまで削減が可能か?
−2050 年での排出量の削減可能性を試算−
2008/10
443 排出権取引制度は温暖化防止につながるか?
−欧米での事例報告をレビュー−
2007/08
442 環境税は温暖化防止につながるか?−欧州5カ国での事例報告をレビュー− 2007/08
電源別ライフサイクルCO2排出量
NO. タイトル 発行年月
468 電源別のライフサイクルCO2排出量を評価−技術の進展と情勢変化を考慮して再評価− 2010/08

その他

温暖化・環境対策
発行年月 タイトル 著者
2015/10 「地球温暖化 対策から見たエネルギー」(東北エネルギー懇談会『ひろば』連載)
2015/9 書籍『地球温暖化とのつきあいかた』 杉山 大志
2013/3 書籍『温暖化対策の自主的取り組み −日本企業はどう行動したか−』 杉山 大志
若林 雅代
2013/2 書籍『狙われる日本の環境技術 −競争力強化と温暖化交渉への処方箋−』 上野 貴弘
ほか
2012年9月号 (日経サイエンス)
 エネルギー・環境分野の政策決定に科学の目で貢献する政策科学研究
2012/5 書籍『環境史から学ぶ地球温暖化』 杉山 大志
2011/8 書籍『失敗した環境援助 −温暖化対策と経済発展の両立を探る−』 李 賢映
上野 貴弘
2011/2 書籍『気分のエコでは救えない!』 杉山 大志
星野 優子
ほか
電源別ライフサイクルCO2排出量
発行年月 タイトル
2010/07/22 プレスリリース:電源別ライフサイクルCO2排出量の評価を実施
Get ADOBE READER
PDFファイルを読むためにはAdobe(R) Acrobat(R) Reader(R)のインストールが必要です。
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry