社会経済研究所

HOME > 研究成果 > 出版物・書籍 > 気候工学入門 −新たな温暖化対策 ジオエンジニアリング−

出版物・書籍

書籍概要

気候工学入門
−新たな温暖化対策 ジオエンジニアリング−

出版元(株)日刊工業新聞社
発行年月日2011年5月
定価2200円+税
ページ数197ページ
目次
プロローグ 宮沢賢治の夢
1 なぜ今、気候工学か
2 「危険」な気候変動の対抗策としての気候工学
3 歴史と動向
4 気候工学の概要
5 太陽放射管理(SRM)
6 CO2除去(CDR)
7 効果・コスト・問題点
8 気候工学の研究:現状と今後
9 気候工学に関わる人々の意見
10 社会はどう向き合うべきか:気候工学のガバナンス
おわりに さらに詳しく知るために
資料 社会はどう向き合うべきか:気候工学のガバナンス

« 書籍一覧へ戻る

  • 電力中央研究所
  • 採用情報 Recruiting Information
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry