社会経済研究所

HOME > 研究成果 > 出版物・書籍 > 狙われる日本の環境技術 −競争力強化と温暖化交渉への処方箋−

出版物・書籍

書籍概要

狙われる日本の環境技術
−競争力強化と温暖化交渉への処方箋−

出版元(株)エネルギーフォーラム
発行年月日2013年2月
定価2400円+税
ページ数345ページ
ISBNコード978-4-88555-413-1
目次
はじめに 狙われる日本の環境技術と本書の狙い
第1部 インフラ・プラントの海外展開
第1章
高効率な石炭火力発電
― 中国企業との競争に向けた課題と対応
第2章
ガスタービンコンバインドサイクル発電
― 日本企業の事業展開とタイへの貢献
コラム
日本の建設業と海外エネルギー・インフラ事業
第3章
鉄鋼業における省エネ技術コークス乾式消火設備(CDQ)― 中国企業との競争とインドにおける普及支援
第2部 エコカー・省エネ家電の普及
第1章
タイにおける日本自動車メーカーの技術移転とエコカー生産奨励政策
第5章
高効率インバータ・エアコンの国際市場開拓の可能性とエネルギー効率基準・ラベリング制度の役割
第3部 低所得国支援
第6章
低所得国での太陽光発電普及事業の動向と課題― 低所得国でのエネルギーアクセスの確保に向けて
第7章
ブラックカーボン削減のための改良型かまどの普及支援
第4部 横断的議論 ― ビジネス・政策・国際交渉への示唆と提案
第8章
事例分析から得られた課題の考察― ビジネスの視点から
第9章
温暖化技術交渉をいかに乗り切るか
第10章
日本の技術を世界に広めるための五つの提言
おわりに  

« 書籍一覧へ戻る

  • 電力中央研究所
  • 採用情報 Recruiting Information
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry