社会経済研究所

HOME > 社会経済研究所の紹介 > 所長挨拶

所長挨拶

2015年6月12日をもちまして、社会経済研究所長を拝命しました。以後よろしくお願い申し上げます。


今日、わが国の電気事業は、電力システム改革の進行、再生可能エネルギーの大量導入、原子力発電の稼働停止の長期化という3つの荒波が交錯する中で、未曾有の構造的変革を迫られています。その先行きを見通して行くために、社会経済やエネルギー需給、さらには電力を支える技術基盤を幅広く俯瞰した、多面的かつ立体的な分析が求められています。


私ども社会経済研究所は、この変革期において、電気事業経営の一歩先・半歩先を照らす灯明であり続けたいと念願しております。その実践と実現のため、経済学、経営学、法律学などの社会科学基盤のみならず、電気工学やエネルギー技術、環境制度などの知見に立脚して、技術系7研究所との連携の下に電中研の総合力の発揮を促しつつ、知恵の切磋琢磨と成果のタイムリーかつ効果的な発信に、総力を挙げて取り組んでまいります。

所長写真
電力中央研究所
社会経済研究所長 長野 浩司
  • 電力中央研究所
  • 採用情報 Recruiting Information
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry