社会経済研究所

研究員プロフィール

(更新日:2016年9月26日)
氏名 菅原 慎悦(スガワラ シンエツ)
役職 主任研究員
研究分野 原子力政策、リスク管理
e-mail sugawara(at)criepi.denken.or.jp

*(at)は@に置き換えてください

◆学職歴

2007年3月 東京大学工学部都市工学科卒
2009年3月 東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻修士課程修了
2012年3月 東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻博士課程修了
2012年4月 (一財)電力中央研究所 入所 社会経済研究所
2014年10月 原子力リスク研究センター 兼務

◆論文・著書など

1.報告書・論文など

  • 我が国における原子力防災制度改革の動向と課題―フランスの原子力防災体制におけるステークホルダー関与の実態と我が国への教訓―,電力中央研究所研究報告Y12013,2013年4月.
  • 原子力事業と立地地域との関係再構築に向けた提案−英国事例からの示唆−,電力中央研究所研究報告Y13025,2014年4月.
  • 原子力事業と立地地域との関係について,日仏工業技術,Tome60, No.1+2,2015年2月,62-65,日仏工業技術会.
  • 誰がリスク管理を担うのか,都市問題,Vol.106,2015年8月,14-19,後藤・安田記念東京都市研究所.
  • 我が国の原子力分野における安全目標の活用−2003年安全目標案の背景とその実際から学ぶ−,電力中央研究所研究報告Y15016,2016年4月.

2.著書

  • 城山英明編『大震災に学ぶ社会科学 第3巻 福島原発事故と複合リスク・ガバナンス』,東洋経済新報社,2015年9月,第4章第1節「自治体との関係構築」,第5章第2節「SPEEDIの利用と情報公開」,第6章第2節「原子力防災制度改革」を担当.
  • 一般財団法人日本再建イニシアティブ民間事故調報告書検証チーム,『吉田昌郎の遺言:吉田調書に見る福島原発危機』,東洋出版,2015年8月,第2部の分担執筆.

3.学会発表・講演など

  • 原子力防災制度改革と自治体行政,日本行政学会2013年度研究会 分科会E「災害と科学技術」研究部会,05/19/2013, 愛知大学名古屋キャンパス.
  • 福島第一原子力発電所事故を受けた我が国における原子力防災体制の見直しと課題,第32回エネルギー・資源学会研究発表会,06/07/2013,砂防会館.
  • Institutional Reforms of Nuclear Emergency Preparedness in Japan and its Challenges from the Viewpoint of Stakeholder Involvement, 4th Conference of the International Society for Integrated Disaster Risk Management (IDRiM 2013), 09/04/2013, Northumbria University, UK.
  • Risk Governance Deficits of Nuclear Energy Use in Japan, International Symposium on Risk Governance of Science and Technology, 12/15/2013, Univ. of Tokyo.
  • Challenges for better risk governance on nuclear safety: Implications from the Japanese cases of nuclear safety regulations regarding natural hazards, 2014 Society for Risk Analysis - Asia Conference, 08/22/2014, National Taiwan University, Taipei.
  • Practices and Experiences of Local Stakeholder Involvement France, UK and Japan, Forum for Nuclear Cooperation in Asia (FNCA), 6th Meeting of Study Panel on the Approaches toward Infrastructure Development for Nuclear Power, 08/27/2014, Hanoi, Vietnam.
  • 立地地域におけるステークホルダー参加―海外事例を中心に―,第29回原子力委員会,09/02/2014,内閣府原子力委員会.
  • 原子力安全協定と自治体関与,大阪大学大学院法学研究科TIGER研究会,02/06/2015,大阪大学.
  • 福島事故後の原子力安全とレギュラトリー・サイエンス,日本リスク研究学会ワークショップ,11/20/2015,名古屋大学.
  • Decoupling the cognitive link between information usefulness and disclosure: A case study on SPEEDI, Society for Social Studies of Science, 11/13/2015, Denver, USA.
  • Shin-etsu Sugawara and Kohta Juraku, Post-Fukushima Controversy on “SPEEDI” System, “The Sociotechnical Constitution of Resilience: Structure, Practices and Epistemologies” Workshop, 06/21/2016, Nanyang Technological University, Singapore.
  • 我が国の原子力分野における安全目標の活用,東京大学政策ビジョン研究センターSTIGセミナー,07/14/2016,東京大学.
  • 安全目標活用に関する歴史的経緯と考察,日本原子力学会原子力安全部会第4回夏季セミナー,08/23/2016,いわき.
  • 安全目標の設定と活用に関するこれまでの経緯,日本原子力学会2016年秋の大会,09/08/2016,久留米.

◆所属学会

  • 日本原子力学会
  • 日本リスク研究学会
  • 日仏工業技術会
  • 電力中央研究所
  • 採用情報 Recruiting Information
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry