社会経済研究所

研究員プロフィール

(更新日:2016年7月1日)
氏名 筒井 美樹(ツツイ ミキ)
役職 上席研究員
研究分野 効率性分析、エネルギー事業戦略分析

◆学職歴

1994年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
1994年4月 (財)電力中央研究所 入所
2007年4月 政策研究大学院大学 博士課程修了 博士(政策研究)

◆報告書・論文・学会発表など

1.研究報告書など

  • 「欧米における電気事業者とガス事業者の相互参入の実態」電力中央研究所調査報告Y15001, 2015.
  • 「自由化による電力会社の地域密着戦略への影響 −欧州電力会社の事例−」電力中央研究所研究報告Y14008, 2015.
  • 「米国の業務・産業用電力小売市場における新規参入の実態評価」電力中央研究所研究報告Y14001, 2014.
  • 「欧州のエネルギー事業者におけるトレーディング部門の役割」電力中央研究所研究報告Y13004, 2014.
  • 「欧州の電力小売全面自由化と競争の実態 −規制料金の現状・需要家の選択行動・供給者の対応−」電力中央研究所研究報告Y12017, 2013.
  • 「LNG取引における価格交渉力強化の要因と先物市場の形成」電力中央研究所研究報告Y12006, 2013.
  • 「電気料金の国際比較と変動要因の解明 −主要国の電気料金を巡る事情を踏まえて−」電力中央研究所研究報告Y11013, 2012.
  • 「LNGの効率的利用に向けたLNG基地間接続効果の定量分析」電力中央研究所研究報告Y11007, 2012.
  • 「天然ガス需給動向と電気事業者の燃料調達・上流進出戦略 −欧米の電気事業者のケーススタディー−」電力中央研究所研究報告Y10008, 2011.
  • 「欧州の電気料金の変動要因分析 ―燃料費上昇の影響と料金転嫁率―」電力中央研究所研究報告Y08041, 2009.
  • 「エネルギー事業者のM&A前後のパフォーマンス評価」電力中央研究所研究報告Y07023, 2008.
  • 「エネルギー関連事業集中戦略の財務パフォーマンスに関する定量的検証」電力中央研究所研究報告Y06021, 2007.
  • 「欧州エネルギー事業者の経営戦略」電力中央研究所研究報告Y04012, 2005.
  • 「投入要素単価水準を考慮した日米電気事業の効率性比較」電力中央研究所研究報告Y02010, 2003.
  • 「電気事業の環境パフォーマンスを考慮した効率性の計測 −DEA手法の適用−」電力中央研究所研究報告Y00017, 2001.
  • 「マルムキスト指標を用いた日米電気事業の部門別効率性比較 −DEA手法による計測−」電力中央研究所研究報告Y99013, 2000.
  • 「わが国電気事業の部門別効率性の時系列分析」電力中央研究所研究報告Y98013, 1999.

2.投稿論文など

  • "How to Deal with Non-Convex Frontiers in Data Envelopment Analysis" Journal of Optimization Theory and Applications, 166, 1002-1028, 2015. (coauthored with Tone K.)
  • "Estimation of the Efficiency of Japanese Hospitals Using a Dynamic and Network Data Envelopment Analysis Model" Health Care Management Science, 17(2), 101-112, 2014. (coauthored with Kawaguchi H. and Tone K.)
  • "Dynamic DEA with network structure: A slacks-based measure approach" OMEGA, 42(1), 124-131, 2014. (coauthored with Tone K.)
  • "An Efficiency Measure of Goods and Bads in DEA and its Application to US Electric Utilities" Journal of CENTRUM Cathedra, 4(2), 236-249, 2011. (coauthored with Tone K.)
  • “An epsilon-based measure of efficiency in DEA  A third pole of technical efficiency” European Journal of Operational Research, 207(3), 1554-1563, 2010. (coauthored with Tone K.)
  • “Dynamic DEA: A slacks-based measure approach” OMEGA, 38(3-4), 115-238, 2010. (coauthored with Tone K.)
  • “A multi-division efficiency evaluation of U.S. electric power companies using a weighted slacks-based measure”, Socio-Economic Planning Sciences, 2009. (coauthored with Goto M.)
  • Tuning Regression Results for Use in Multi-Stage Data Adjustment” Journal of the Operations Research Society of Japan, 2009 (coauthored with Tone K.)
  • “Network DEA: A slacks-based measure approach”, European Journal of Operational Research, 2009. (coauthored with Tone K.)
  • “Bridging Radial and Non-Radial Measures of Efficiency in DEA”, Annals of Operations Research, 2008. (coauthored with Avkiran NK and Tone K.)
  • “Technical Efficiency and Impacts of Deregulation: An Analysis of Three Functions in U.S. Electric Power Utilities During the Period from 1992 Through 2000” Energy Economics, 30(1), 15-38, 2008. (coauthored with Goto M.)
  • 「環境要因を補正した日米電気事業者の効率性比較」社会経済研究No.56, 113-130, 2008. (政策研究大学院大学 刀根教授との共著)
  • “Decomposition of cost efficiency and its application to Japanese-US electric utility comparisons” Socio-Economic Planning Sciences, 41(2) 91-106, 2007. (coauthored with Tone K.)
  • “Economic impact of regulatory reforms in the electricity supply industry: a panel data analysis for OECD countries,” Energy Policy, 32, 823-832, 2004. (coauthored with Hattori T.)
  • 「米国電気事業者の部門別効率性と小売自由化の影響 ―距離関数を用いた確率的フロンティア分析手法の適用―」電力経済研究No.50, 1-14, 2003. (後藤美香氏と共著)
  • 「日米電気事業の経営効率比較分析−パラメトリックアプローチの応用−」電力経済研究No.40、61-72, 1998. (服部徹氏と共著)
  • “Comparison of Productive and Cost Efficiencies among Japanese and US Electric Utilities,” Omega, Vol. 26, No. 2, 177-194, 1998. (coauthored with Goto M.)

3.著書など

  • 「電力自由化に勝ち抜く経営戦略: 電気事業の近未来」第2章、第3章. エネルギーフォーラム, 2005.

◆所属学会

  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会
  • 電力中央研究所
  • 採用情報 Recruiting Information
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry