システム技術研究所

HOME > 電力中央研究所報告 > 通信工学分野−電波伝搬

電力中央研究所報告

通信工学分野−電波伝搬 に関する報告書

(日付順) 最終更新日:2012/04/19

報告書番号 : タイトル 発行日 / 担当者 キーワード

R13014:スマートメータ用電波伝搬エリア設計支援ツールの開発

2014/06/01
土屋 弘昌,宮下 充史
スマートメータ,置局設計,電波伝搬,伝搬特性,伝搬モデル

R13011:変電所設備保全用無線センサネットワークの管理方法の提案と基礎評価

2014/05/01
遊佐 博幸,黒野 正裕
設備保全,無線センサネットワーク,ネットワーク管理,障害管理,ZigBee/IEEE 802.15.4

R13006:集合住宅におけるスマートメータ通信のための電波伝搬損失推定手法の基礎検討

2014/04/01
三上 満,土屋 弘昌,宮下 充史
集合住宅,パイプシャフト,レイトレーシング法,電波伝搬損失モデル

R13009:災害復旧時の利用を想定した長距離マルチホップ無線LANの基礎特性評価

2014/04/01
萩生田 研一,宮下 充史,芹澤 善積,黒野 正裕,鈴木 正,土屋 弘昌,池田 研介,三上 満
大規模災害,無線LAN,長距離通信,マルチホップ,臨時通信回線

R13001:長距離マルチホップ無線LANによる災害復旧支援通信システムの基礎検討

2013/08/01
萩生田 研一,宮下 充史,土屋 弘昌,三上 満,鈴木 正,黒野 正裕
大規模災害,無線LAN,長距離通信,マルチホップ,臨時通信回線

R10033:スマートメータ通信のための電波伝搬特性モデル化の基礎検討

2011/06/01
土屋 弘昌
スマートメータ,電波伝搬,伝搬モデル,密集住宅地,無線LAN

R09013:設備保全フィールドセンサネットワークの構成手法(その1)-変電所内における無線特性の把握と安定化方法-

2010/06/01
黒野 正裕,宮下 充史,堀 真祥,小川 理
設備保全;センサネットワーク;無線PAN;電波伝搬;干渉

R08007:配電設備を対象とした災害時の早期異常検知システムの提案(その2)−配電柱間マルチホップ通信システムの試作と評価−

2009/05/01
宮下 充史,星 康一,齋藤 潔,矢花 修一
配電設備;災害;復旧;センサネットワーク;異常検知

R06020:誘電体材料の内部診断に向けたテラヘルツビーム波の理論解析 −円柱型空隙による散乱特性と微小欠陥の検出方法−

2007/07/01
鶴見 剛也
テラヘルツ波;散乱解析;ガウスビーム;センシング;非破壊検査

R05007:電波伝搬特性に基づく無線センサネットワーク構築の基礎検討 -変電所構内での微弱無線およびIEEE 802.15.4の電波伝搬特性-

2006/05/01
尾造 宏之
センサネットワーク;無線通信;微弱無線;IEEE 802.15.4;変電所

R03004:超広帯域無線(UWB)の技術動向と課題

2004/02/26
高橋 健一,宮下 充史
UWB;インパルス;レーダ;PAN;電気事業

R02006:テラヘルツ電磁波発生技術の動向と課題

2003/03/13
鶴見 剛也,黒野 正裕
テラヘルツ電磁波;レーザー技術;非線形光学;センシング;非破壊検査

このページのTOPへ

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry