システム技術研究所

HOME > 電力中央研究所報告 > 情報工学分野−その他の応用

電力中央研究所報告

情報工学分野−その他の応用 に関する報告書

(日付順) 最終更新日:2015/09/24

報告書番号 : タイトル 発行日 / 担当者 キーワード

R14001:利用者のトレーニング履歴を取り入れた危険予知トレーニング用ITツールの開発−プロトタイプ開発と業務用車両安全運転への適用−

2014/10/01
堤 富士雄,三浦 輝久
安全教育,危険予知トレーニング,ヒューマンコンピューテーション,安全運転,集合知

R11019:水力発電所の異常予兆発見に影響を与えるセンサの絞り込み方法の開発

2012/06/01
村田 博士,篠原 靖志
水力発電所,センサ,外れ値検出,特徴選択,サポートカーネルマシン

R11007:ギャロッピング観測ビデオにおけるターゲット自動追跡―視界不良時の遠方ターゲット自動追跡手法―

2012/06/01
石野 隆一,松宮 央登
ギャロッピング,送電線,物体追跡,粒子フィルタ,画像処理

R10021:ギャロッピング観測ビデオにおけるターゲット自動追跡ー豪雪時の遠方ターゲットの自動追跡ー

2011/06/01
石野 隆一,松宮 央登,清水 幹夫
ギャロッピング,送電線,物体追跡,粒子フィルタ,画像処理

R10020:快適性計測を目指した身体活動計測システムの開発

2011/04/01
堤 富士雄,中島 慶人,伊藤 憲彦,廣瀬 文子
快適性評価,行動センシング,画像処理,インタラクティブシステム,加速度センサ

R08017:屋外設置高分子がいしに対する紫外線画像の放電部分発光面積と漏れ電流との関係分析

2009/07/01
石野 隆一,畔柳 俊幸,本間 宏也,藤原 健治
紫外線画像;高分子がいし;アーク放電;設備診断;画像処理

R08031:災害時の配電設備の応急復旧過程シミュレータの開発(その2) −営業所大への拡張と応急復旧方式の拡充−

2009/06/01
佐賀井 重雄,朱牟田 善治
復旧支援;マルチエージェント;シミュレーション;台風;地震

R08030:水力発電所における異常予兆発見支援方法の開発

2009/06/01
小野田 崇,伊藤 憲彦,是枝 英明
異常予兆;外れ値検出;水力発電所;監視;サポートベクターマシン

R08008:自然災害時における配電設備の応急復旧作業班の最適配置手法

2009/04/01
渡邊 勇,所 健一
自然災害;応急復旧;配電設備;最適配置;復旧ルート計画

R07004:災害時の配電設備の応急復旧過程シミュレータの開発(その1) -シミュレータの設計およびプロトタイプシミュレータの開発-

2008/02/01
佐賀井 重雄,朱牟田 善治
復旧支援;マルチエージェント;シミュレーション;台風;地震

R07002:河川上を流れる葉の画像処理による自動カウント手法

2007/09/01
堤 富士雄,立田 穣
画像計測;カラー画像処理;インタラクション;環境モニタリング;映像処理

R05008:放電部分の発光面積を用いた漏れ電流推定手法の開発(その2) -試験片の測定結果に基づく配電用高分子がいしの漏れ電流推定-

2006/05/01
石野 隆一,本間 宏也
紫外線画像;高分子がいし;アーク放電;設備診断;画像処理

R04013:放電部分の発光面積を用いた漏れ電流推定手法の開発(その1) -高分子がいしへの適用性評価-

2005/06/01
石野 隆一,本間 宏也
紫外線画像;高分子がいし;アーク放電;設備診断;画像処理

R04016:状態監視保全のための計算機と人間との協調作業による事例データベース構築の省力化(その2) -腕金錆画像データを用いた性能検証-

2005/04/01
山名 美智子,村田 博士,小野田 崇
データベース;ラベル付け;サポートベクターマシン;パラメータチューニング

Y03022:情報内容の抽出におけるメンタルモデル・アプローチの適用 -電磁界の健康影響を題材として-

2004/03/31
小杉 素子,三田村 朋子,千田 恭子,土屋 智子
メンタルモデル;情報共有;リスクコミュニケーション;電磁界;健康リスク

R02025:電力会社による地域活性化支援策の一提案 -シニアネットとのパートナーシップ−

2003/04/16
坂内 廣蔵
地域共生;地域情報化;地域振興;ネットワークコミュニティ;シニア

R02024:米国企業におけるeビジネスの動向と電力会社での適用動向

2003/04/16
桑畑 暁生
eビジネス;電子商取引;IT;ビジネスモデル;CRM

R01017:タイトルが読者の関心に及ぼす影響の分析

2002/04/30
千田 恭子
表題;読者;理解;関心;表現技法

Y01015:エネルギーR&Dの融業化に関する動向調査 -商業化の前段階にある燃料電池技術の分析を中心として-

2002/03/29
青柳 栄,桑畑 暁生
エネルギー研究開発;産業構造;融業化;分散電源;燃料電池

U42:商用周波磁界の生物影響研究

2001/04/27
根岸 正,今井 節夫,川原 慶喜,丸山 真弘,中園 聡,西村 泉,小田 毅,大屋 隆生,笹野隆生,重光 司,富田 誠悦,山崎 健一,窪田 ひろみ
商用周波;磁界;生物学的研究;電気工学的研究;情報発信

R00028:地域コミュニティ情報化のためのコミュニティ支援ツールの動向

2001/04/26
坂内 廣蔵
地域コミュニティ;ネットワークコミュニティ;インターネット;コミュニティ支援ツール;ビジネスモデル

R00019:一般読者の理解と関心を得る表題のつけ方 -論文の表題と新聞の見出しを比較した分析-

2001/04/24
千田 恭子
表題;見出し;読者;関心;表現技法

R00015:PFI事業への電気事業の参入とその効果

2001/04/23
桑畑 暁生
PFI;地域情報化;通信事業;公共サービス;地域振興

R98018:電気事業における通信ビジネス展開

1999/05/07
桑畑 暁生,青柳 栄,井口 典夫,木村 甲治,長澤 光太郎,鈴木 正,高橋 誠,高嶋 裕一,武田 行弘,内山 隆,山内 康英,福居 文継
通信ビジネス;経営戦略;市場再編;規制緩和;地域振興

R97024:電気事業が参画する地域情報化のケーススタディ(その1) -地域情報化の現状と参画の基本的方向

1998/06/01
鈴木 正,大屋 隆生,佐賀井 重雄
情報化;地域社会;電力会社;情報インフラ

R97017:電気事業における情報通信ビジネス米国の事例から学ぶもの

1998/04/01
桑畑 暁生,武田 行弘
通信ビジネス;経営多角化;経営戦略;規制緩和;地域振興

J95301:商用周波磁界の健康影響に関する疫学研究の動向

1996/03/01
笹野 隆生,大屋 隆生,志賀 陽一,重光 司,富田 誠悦
疫学研究;商用周波磁界;腫瘍;交絡因子

このページのTOPへ

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry