電力中央研究所

ここ・そこに電中研 > CO2を使って、お湯を沸かす−1

THEME CO2を使って、お湯を沸かす

世界に先駆け、エコキュートを商品化

 みなさんの家で使われるエネルギーのうち、一番多く使われているのは何か知っていますか?答えは動力他(照明器具、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などを使うのに必要なエネルギー)です。その次が「給湯」。お湯を沸かすために使われるエネルギーは、約30%にもなります。お湯を沸かすためのエネルギーを効率よく使えば、CO2の発生を減らすことができ、地球温暖化防止にも役立ちます。

画像拡大

<家庭部門用途別エネルギー消費量>

 ところで、空気の熱を使ってお湯が沸かせると思いますか?ちょっとびっくりですが、実際にできるのです。それを可能にするのがヒートポンプです。電中研では、CO2 を冷媒(熱を運ぶ物質)として使う画期的なヒートポンプを東京電力株式会社、株式会社デンソーと共同で開発し、2001年5月に世界で始めて商品化しました。エコロジー、エコノミーの2つの「エコ」と「給湯」を組み合わせた「エコキュート」という愛称がつけられ、省エネ機器としてたいへんに注目されています。

画像拡大

<エコキュートのヒートポンプユニット(左)と貯湯タンク(右)>
2001年5月発売のエコキュート。世界で初めて、家庭用ヒートポンプ給湯機の冷媒(2ページ参照)に、CO2を使いました。

ここ・そこに電中研

Copyright (C) 2011 Central Research Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.