電力中央研究所

サイト内検索

HOME > 広報活動 > プレスリリース

プレスリリース

 これまでに電力中央研究所から発表したプレスリリースをご覧いただけます。

2007年11月12日
液化ジメチルエーテル(DME)を用いた底質中高濃度ポリ塩化ビフェニル(PCB)の除去に成功
2007年6月7日
(財)電力中央研究所の平成18年度事業報告ならびに新役員について
2007年6月6日
ナノサイズの空隙間の気体・液体・固体の状態変化の基本理論を解明 〜今後のナノサイズの部品・装置開発に役立つ成果〜
2007年5月30日
「高効率炭化ガス化ガスエンジン発電システム」の開発 〜バイオマスを用いた中小規模発電システムで世界最高レベルの発電効率23%を達成〜
2007年5月18日
電中研 定時評議員会を開催 〜新理事2名を選任〜
2007年5月16日
液化ジメチルエーテル(DME)を用いた下水汚泥の脱水に成功 〜蒸発法の約半分のエネルギーで脱水が可能に〜
2007年5月15日
電中研が「知的財産報告書2006年度版」をとりまとめる 〜研究所の価値を正しく評価していただくために〜
2007年4月9日
わが国の電力自由化はどうあるべきか 〜海外先行事例を踏まえ「日本型電力自由化」を検討する際の留意点を整理〜
2007年3月16日
電力中央研究所 平成19年度事業計画を策定 〜社会から頼られ「存在感のある研究所」になるために〜
2006年12月5日
景気・電力需要ともに緩やかに減速 〜2006・2007年度経済・販売電力量予測(2006年12月)〜
2006年12月4日
650℃級中温形SOFC の高性能化に成功 〜銀ナノ粒子分散技術を開発〜
2006年10月30日
使用済燃料中間貯蔵国際セミナー(ISSF 2006)開催のお知らせ[主催:電力中央研究所、米国核物質管理学会(INMM)]
2006年9月4日
景気・価格要因に支えられ電力需要は堅調 〜2006・2007年度販売電力量予測(2006年8月)〜
2006年8月14日
電中研 知的財産報告書をとりまとめる 〜研究所の価値を正しく評価していただくために〜
2006年8月7日
電力中央研究所と日本原子力研究開発機構との研究協力協定の締結について
2006年6月26日
(財)電力中央研究所の平成17年度事業報告ならびに役員体制の見直しについて
2006年5月30日
2006・2007年度 短期経済予測(2006年5月) 〜景気の勢いは当面残るが、来年度は軽微な調整へ〜<電力需要は2007年度にかけ伸び鈍化>
2006年5月19日
長期再解析(JRA-25)の計算完了について 〜過去の気候を精緻に再現しました〜(気象庁との共同プレスリリース)
2006年5月18日
機能性セリウム酸化物ナノ粒子の量産技術を開発 〜高価なセリウム酸化物を、大量製造し安価で供給可能に〜
2006年3月28日
「ハイブリッド動的力学試験システム」竣工

このページの先頭へ戻る

HOME > 広報活動 > プレスリリース

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry