電力中央研究所

サイト内検索

HOME > 広報活動 > 電中研関連書籍 > 書籍概要

書籍概要

省エネルギー政策論
−工場・事業所での省エネ法の実効性−

出版元

(株)エネルギーフォーラム

発行年月日

2010年11月

定価

3000円+税

ページ数

272ページ

目次

第T部
省エネルギーバリアの分析
第1章
はじめに
第2章
省エネルギーのバリアとは:先行研究レビュー
第3章
我が国産業部門における省エネルギーのバリア
第4章
まとめと考察
第U部
省エネ法の実効性分析
第1章
序論
第2章
省エネ法による工場規制の概要と特質
第3章
省エネ法による工場規制の効果
第4章
結論と提言
第V部
省エネルギー診断の実効性分析
第1章
序論
第2章
省エネルギー診断事業の重要性
第3章
わが国における省エネルギー診断事業の概要
第4章
省エネルギー診断事業の実効性分析
第5章
省エネルギー診断事業の改善と拡充に向けた試論
第6章
結論と提言
第W部
これからの省エネルギー政策
第1章
ここまでのまとめ
第2章
公共政策としての省エネルギー
第3章
省エネルギーの規模は、温暖化対策としては小さすぎるのか?
第4章
環境税や排出量取引制度によって省エネルギーは進むのか?
第5章
「はじめに」で提起した問いへの回答

このページの先頭へ戻る

HOME > 広報活動 > 電中研関連書籍 > 書籍概要

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry