電力中央研究所

サイト内検索

HOME > 広報活動 > 電中研関連書籍 > 書籍概要

書籍概要

気候工学入門
−新たな温暖化対策 ジオエンジニアリング−

出版元

(株)日刊工業新聞社

発行年月日

2011年5月

定価

2200円+税

ページ数

197ページ

目次

プロローグ
宮沢賢治の夢
なぜ今、気候工学か
「危険」な気候変動の対抗策としての気候工学
2・1
CO2排出大幅削減の難しさ
2・2
大幅削減でも保証できない2℃目標
2・3
ゼロ排出でも戻らない温暖化
2・4
温度が4℃上昇した世界のリスク
2・5
気候工学の慎重・反対論
歴史と動向
3・1
冷戦時代の気象改変から気候工学へ
3・2
クルッツェン論文
3・3
タブーでなくなった気候工学
気候工学の概要
4・1
気候工学とは何か
4・2
地球温暖化抑制の仕組み
4・3
太陽放射管理とCO2除去の特徴
太陽放射管理(SRM)
5・1
太陽放射管理の概要と原理
5・2
成層圏エアロゾル注入
5・3
低層雲の反射率増加
5・4
太陽放射管理の限界:海洋酸性化と終端問題
CO2除去(CDR)
6・1
CO2除去の概要
6・2
CO2除去の原理
6・3
鉄散布による海洋肥沃化
6・4
CO2直接空気回収
6・5
バイオマスCCS
効果・コスト・問題点
7・1
気候工学を評価するときの様々な視点
7・2
効果:温暖化は抑制できるのか?
7・3
即効性:間に合うのか?
7・4
コスト:緩和策との比較
7・5
問題点
7・6
総合評価
気候工学の研究:現状と今後
8・1
どのような研究が必要か
8・2
各国の気候工学研究
8・3
日本の気候工学研究
8・4
民間資金による気候工学研究
8・5
実験に関する論争
気候工学に関わる人々の意見
9・1
気候工学についての様々な意見
9・2
研究者
9・3
保守系シンクタンク・研究者
9・4
営利企業
9・5
環境保護団体
9・6
市民
10
社会はどう向き合うべきか:気候工学のガバナンス
10・1
気候工学のガバナンスの必要性
10・2
アシロマ会議
10・3
最近の動向
10・4
現在の枠組み
10・5
研究のガバナンス
10・6
実施のガバナンス
10・7
参考:生物多様性条約COP10での気候工学に関する決定
おわりに
 
資料
さらに詳しく知るために

このページの先頭へ戻る

HOME > 広報活動 > 電中研関連書籍 > 書籍概要

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry