電力中央研究所

サイト内検索

HOME > 広報活動 > 電中研関連書籍 > 書籍概要

書籍概要

はじめての集じん技術
−基礎から応用まで−

出版社

(株)日刊工業新聞社

発行年月日

2013年1月

定価

2400円+税

ページ数

184ページ

ISBNコード

978-4-526-07011-2

目次

第1章
集じん技術の基礎
1.1
気体中分散微粒子の運動
1.2
粒子分離のメカニズム
第2章
集じん装置の評価法
2.1
集じん率
2.2
粒子濃度・粒子径分布の測定方法
2.3
圧力損失
第3章
集じん装置の分類と選定
3.1
集じん装置の種類と分類
3.2
集じん装置選定の考え方
第4章
各種集じん装置の原理と性能
4.1
流通形式集じん装置
4.2
障害物形式集じん装置
4.3
隔壁形式集じん装置
第5章
集じん技術の新展開
5.1
ナノ粒子の分離技術
5.2
集じん技術の多機能化
5.3
高温集じん技術

このページの先頭へ戻る

HOME > 広報活動 > 電中研関連書籍 > 書籍概要

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry