電力中央研究所

サイト内検索

電力中央研究所

HOME > 組織紹介 > 理事長挨拶

理事長挨拶

 電力中央研究所は、科学技術研究を通じて電気事業と社会に貢献するため、1951年に創設された電気事業共同の研究機関です。以来、工学・理学・社会科学など幅広い分野の専門家が結集し、社会の発展を支える電気事業を技術的に支援してまいりました。

 近年、エネルギーの脱炭素化へ向けた動き、デジタル技術の進展は、これまでの産業構造・社会のあり方に大きな変化をもたらしつつあります。地球環境の保全を図りながら、皆さまの生活と経済・社会の持続的発展に必要不可欠な電力をはじめとするエネルギーを、いかに安定的に、かつ経済的に供給・利用していくかは、世界共通の課題です。当所は広く国内外の関連機関と連携し、課題の解決にあたるとともに変革を先導する研究を展開していく所存です。

 当所は、創設者である松永安左エ門の理念「産業研究は知徳の練磨であり、もって社会に貢献すべきである」を受け継ぎ、物事の理の究明に誠実に取り組むとともに、電気事業のその先にある社会へ常に思いを致し、研究成果を創出してまいります。

電力中央研究所 理事長
 まつうら まさのり

HOME > 組織紹介 > 理事長挨拶

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry