電力中央研究所

サイト内検索

HOME > 広報活動 > イベント情報 > 研究所公開 > 実施報告:赤城

研究所公開

赤城試験センター 平成17年度研究所公開(2005.5.22) 実施報告

 好天に恵まれた5月22日(日)、赤城試験センターで研究所公開が行われた。近隣の市町村をはじめ遠くは当所ホームページで知ったという愛知県からの来訪者など約2,100名が来訪され、大盛況のうちに終了した。

 全17のコーナーでは、昨年11月で40周年を迎えた赤城試験センター40年の歩みや、大型の太陽光発電パネルが設置された需要地系統ハイブリッド実験設備の紹介のほか、電中研の各地区で行っている研究(地震と津波、CO2ヒートポンプ、バイオマス発電、電気自動車用ほか各種リチウム電池、光ファイバーのしくみなど)が紹介された。

 また、魚工場では繁殖に成功したカクレクマノミも展示し、「ニモだぁ!」という歓声もあがっていた。

 雷のミニチュア実験には雷相談室も設け、落雷に関する疑問や質問に直接お答えするなど、幅広い年代の方々に楽しんでいただける内容であった。

 その他、構内3箇所をまわるスタンプラリーや、近隣の団体の協力によるイベント広場や地元特産物の販売コーナーも好評だった。

 当日はNHK前橋放送局ほか4社の取材があり、NHKの首都圏ニュースや上毛新聞で紹介され、「前橋市の電力中央研究所」として、当所への理解を深めていただくよい機会となった。

会場の風景

  • 廃材や家畜の排泄物といったバイオマスを使用した発電技術を紹介
  • 木の下に隠れ落雷を避ける際は、近づきすぎても危険
  • 野菜工場では栽培されているサラダ菜などの試食も
  • アロマオイルも混ぜ込んだ本格派カラフルキャンドル作り

このページの先頭へ戻る

HOME > 広報活動 > イベント情報 > 研究所公開 > 実施報告:赤城

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry