電力中央研究所

サイト内検索

HOME > 広報活動 > イベント情報 > 研究所公開 > 実施報告:狛江

研究所公開

狛江地区研究所公開(2004.11.13) 実施報告

 秋のすがすがしい好天に恵まれた11月13日(土)、狛江地区の研究所公開が、狛江市民祭りに協賛し行われた。

 矢野狛江市長、白井狛江市議会議長をはじめ、ご家族連れや友達同士など約2000人が来訪され、放射線計測器の「ベータちゃん」を使用して身の回りの放射線を測定する放射線探検隊や、光糸電話で電波と光のしくみを紹介する通信実験など、趣向を凝らした10の企画はどこも人気で、多くの方が参加されていた。

 また、実際に研究室内をご覧いただくラボツアー「材料科学へのいざない」や、講演会「だから人は間違える−ヒューマンエラーの心理学」では、当所の研究員の説明に熱心に聞き入る姿も多く見られ、訪れられたみなさまの関心の高さが伺えた。

 狛江市文化協議会ご協力いただいた野点や、市内4中学校の吹奏楽の演奏会、東京電力の高所作業車の乗車体験などもあり、地域に根ざした「顔の見える」研究所公開となった。

会場の風景

  • お手製乾電池があと一歩で完成「乾電池を作ろう」
  • どんどん扇ごう、どちらが多く発電できるかな「ファイティング・トモ」
  • 空気の流れを操作してロウソクの炎を消す「流れを捕まえよう」
  • コンピューターが動きをとらえて撮影する「コンピュータースタジオでポーズを決めよう!」

このページの先頭へ戻る

HOME > 広報活動 > イベント情報 > 研究所公開 > 実施報告:狛江

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry