電力中央研究所

サイト内検索

HOME > 広報活動 > イベント情報 > 研究所公開 > 実施報告:狛江

研究所公開

狛江地区研究所公開(2007.11.10) 実施報告

 11月10日(土)に狛江地区で狛江市民祭りの開催にあわせて研究所公開を開催した。あいにくの雨模様の天気であったが、約1500名が来場された。

 

 画像処理研究にちなんだ「楽しく・役立つ映像処理」体験企画や、省エネの効果をあてるクイズ、環境に優しいエンジンであるスターリングエンジン模型を製作する企画のほか、ものがこわれる仕組みをテーマにしたラボツアーなど、どの企画もにぎわいをみせていた。

 「自然災害に備える 〜大地震から身を守る〜」と題した講演会では当研究所の地球工学研究所の研究員が講師を務め、地震のメカニズムや狛江市内で注意したほうが良い点のほか、当所の地震研究の一端を紹介した。

 そのか狛江市立狛江第一中学校、第二中学校、第三中学校、第四中学校のブラスバンド部による演奏も行われた。

 ご来場・ご協力いただきましたみなさま、ありがとうございました。

会場の風景

  • ひとひねりある脳トレクイズに挑戦する 企画「Brain's Boot Camp 〜脳に汗をかけ!」は会場が満員近くなるほどの人気ぶり
  • 完成させたスターリングエンジンの模型を、お湯の入ったコップのうえにのせれば駆動
  • 研究所内で現在進行中の材料劣化試験の見学や、材料の非破壊検査のしくみなど5ヵ所をめぐるらラボツアー
  • 細長い風船をこすり静電気を発生させ落下してくるビニールテープ性のふわふわを誘導し、まとにあてる企画「おいでよ でんきの森」
  • 太陽電池カーを組み立て、ライトをあてて動かす「太陽電池であそぼう」

このページの先頭へ戻る

HOME > 広報活動 > イベント情報 > 研究所公開 > 実施報告:狛江

Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry