地球工学研究所

トップ > センター・領域紹介

センター・領域紹介

地震工学領域

 地震工学領域では、地震の発生から伝播に係わる地震・地震動評価、地震ハザード評価に関する研究、地盤や構造物の耐震性能評価、地震フラジリティ評価に関する研究を展開しています。 さらに、対象構造物に応じた災害リスク評価やリスクコントロール技術を通じて、地震災害軽減と効果的なメンテナンスに貢献すべく研究に取り組んでいます。

巨大地震・広域防災グループ

 当グループでは、地震学から建築工学、物理探査工学まで幅広い分野の専門家が所属し、主に地震の揺れについての研究に取り組んでいます。地表での揺れは、地下の震源断層の位置や特徴、地震波が伝わる地下深部の構造やごく浅い地盤の種類によって大きく変わります。地震の揺れに影響を及ぼす震源断層の破壊過程、地下深部やごく浅い地盤の構造を解明するための技術開発を行うとともに、これらをモデル化することにより、数値シミュレーションで現象を再現・予測する技術の開発も行っています。これらの技術は、地震により被害を受けた電力施設の要因解明や耐震対策の立案、各種電力施設の耐震設計指針の策定に役立てられています。

電中研における強震動予測研究

電中研における強震動予測研究

構造信頼性グループ

 当グループには、機械工学、耐震工学、信頼性工学の専門家が所属しており、原子力発電所や火力発電所の耐震性能への要求が高まる中、耐震安全性や確率論的リスク評価に関わる問題に対して、これらの評価法の高度化に関する研究に取り組んでいます。例えば、世界最高性能を誇る最大加速度20Gの共振振動台を利用した振動実験による、原子力発電所の重要機器における耐震安全性の高度化や、地震や津波が重畳したマルチハザード・フラジリティを対象とした合理的なリスク評価法の開発などを行っています。

共振振動台を用いた研究事例

共振振動台を用いた研究事例

地盤工学グループ

 当グループでは、地盤工学に関する専門家が所属しており、原子力発電所や送電鉄塔の地盤や斜面、地中送電線の設置地盤等、電力施設に係るあらゆる地盤の安定性に関する研究に取り組んでいます。現在、原子力発電所における地震時の地盤挙動を高精度に評価するための時刻歴非線形解析手法や不連続体解析手法の開発、遠心力模型実験などによる検証、リスク評価に用いる合理的な物性評価法の開発を行っているほか、地中送電線の交通荷重による移動現象(ケーブル波乗り現象)の解明や、鉄塔基礎の地震時の観測による挙動解明などを行っています。

地盤工学グループの研究対象

地盤工学グループの研究対象

拡大する

ページのトップへ戻る