エネルギー技術研究所

トップ > 研究成果 > ソフトウェア紹介

ソフトウェア紹介

名称 主な機能
3次元MCFC内部状態解析コード
  • MCFCスタック内部の温度分布や電流密度について、3次元解析が可能なモデルである。
  • スタック外部への放熱について、境界条件に取り込むことが可能である。
MCFC単極反応熱解析コード
  • MCFC発電状態における単極反応に伴う発熱及び吸熱量を定量化した。
  • MCFC発電状態におけるエントロピー輸送を定量化し、両極間に発生する温度分布について解析することが可能である。
簡易熱効率解析プログラム
  • 熱量や温度等の状態量を算出する計算をサブルーチン化したことにより汎用性を高めた。
  • 回転機器や燃料電池等の実機の運転状態を取り込むことにより容易に熱効率を算出できる。
  • 機器の運転状態や性能劣化状況に合わせた熱効率解析が可能で、機器運転状態診断が可能である。
固体高分子型燃料電池システム効率解析プログラム
  • PEFCシステムの電気出力効率及び熱出力効率を解析するコードである。
  • 電池性能について、現状技術を反映していることが特徴である。
  • 改質器の設定温度等を変更することにより、システムの限界効率の解析等が可能である。
並行流形MCFCスタック内部状態解析コード
  • 並行流形MCFCスタック内部の温度分布を性能表示式を適用することにより解析できる。
  • スタック冷却に必要なガス流量が定量化できる。
  • 電気回路モデルを導入することにより、スタック内部の異常状態を電圧分布により解析可能である。
火力発電システム発電コスト試算プログラム
  • 発電単価をマイクロソフトExcel上で簡便に試算するプログラム。
  • 「建設費単価」「年経費率」「設備利用率」「燃料費単価」「送電単効率」「発電単価」の6種類の変数のうち、任意の1つを計算結果、2つをパラメータ、3つを定数として一覧表およびグラフを作成する。
1300℃級GT初段動翼温度解析ツール
  • 1300℃級ガスタービンの初段動翼を模擬した翼形状を使用して、翼まわりガスの熱流動状態、構造部の熱伝導および翼内部リブ付き冷却流路の熱伝達を連成解析することにより、翼温度分布を推定する。
  • 運転条件に応じた各種入力条件を設定可能で、起動時/停止時の過渡的な温度変化を計算可能、翼内部リブ付き冷却流路の性能算定には、当所研究成果による独自の評価式を使用。
需要家エネルギー需給解析汎用プログラム
  • 全電化システム、コジェネシステムなど様々なエネルギー需給システムについて、エネルギーの流れ、年間の一次エネルギー消費、CO2排出量などを算出し、システムの省エネ性、環境性を評価できるプログラムである。
  • GUIを用いることにより、システム構成の作成、条件の入力を容易に行うことができ、一次エネルギー消費の月変化、機器の運転パターンをグラフ表示することができる。
発電システム熱効率解析汎用プログラム(EnergyWin)
  • Windowsアプリケーションであり、操作が非常に容易である。
  • 発電システムの熱物質収支計算に特化した計算アルゴリズムの採用により高速な計算が可能である。
  • 各種発電システムの熱効率解析を同一プログラム上で行えるため、様々な発電システムの熱効率を同一計算条件下で比較・評価することが可能である。
  • システム構成の変更や、設定条件の変更が容易であり、システムの最適化検討や新たな高効率システムの探索などが可能である。

このソフトウェアに関するお問合わせと入手は(株)電力テクノシステムズの ホームページ よりお願い致します。

付着灰層相変化予測プログラム
  • ガス化炉内壁に付着した灰の相変化を予測するプログラム。
化学洗浄時期決定支援プログラム
  • 本ソフトウェアは、現時点でのボイラ蒸発管損傷状態を火力発電所のプラント計算機データより解析的に求めるものであり、これまでの累積損傷量の推定、将来の予測負荷パターンに対する損傷状態の推移等をシミュレーションすることが出来るものである。
MCFC性能表示式プログラム
  • 異なるガス条件より得られる溶融炭酸塩形燃料電池(MCFC)の出力特性を基に、電池の性能解析を行う。
  • この性能解析で得られる性能パラメータを基に、広範囲なガス運転条件下における電池性能を予測する。
  • 連続運転における電池性能劣化を、性能パラメータの経時変化として捉え、電池の寿命予測を行う。
バイオマス炭化ガス化ガスエンジンシステムの熱効率簡易計算プログラム
  • ガスエンジンに関する性能評価プログラムを開発し、上記の熱効率簡易計算プログラム内にサブルーチン化した。
  • ガスエンジン性能計算のサブルーチン化、バイオマス炭化ガス炉からのガス化ガス特性を入力値としてデータ化することにより、ガス化ガスエンジンシステムにおける多様な機器構成に対応できる。
バイオマス利用高温形燃料電池発電システムの熱効率簡易計算プログラム
  • 当所が開発したMCFCおよびSOFC性能表示式プログラムを燃料電池性能計算としてサブルーチン化し、システム計算の汎用性を高めた。
  • システム計算のメインルーチンを対象システムに応じて書き換えることにより、多様な機器構成に容易に対応できる。
遷臨界サイクルを含むヒートポンプサイクルの性能計算プログラム
  • 炭化水素、フロン、代替フロン等の純冷媒39種類、および、任意の混合比の純冷媒混合物における、冷媒が臨界圧力以下で蒸発・凝縮をする通常のヒートポンプサイクルに加え、高圧側を臨界圧力以上まで加圧する遷臨界サイクルについて、サイクル性能を計算するプログラム。
氷蓄熱カプセル充填蓄熱槽の蓄冷熱シミュレーションプログラム
  • 各種パラメータ(=蓄熱槽流入ブライン温度,ブライン流量,カプセルの大きさ,蓄熱槽の寸法,etc.)を幅広く振ったときの、氷蓄熱カプセルを充填した蓄熱槽(=カプセル充填蓄熱槽)の蓄冷熱量を、簡便かつ実用上十分な精度で予測することができる。
データリダクション法によるカスケードインパクタ用粒径分布計測解析プログラム(カスケードインパクタ用粒径分布解析プログラム)
  • カスケードインパクタは、粒子状物質を粒径によって分級する装置で、火力発電所等から排出される粒子状物質の粒径分布の測定に広く用いられている。
  • 本プログラムでは、カスケードインパクタ内の粒子状物質の分級プロセスを考慮し、より高精度に粒径分布を計算することができる。
1次元バイオマスガス化反応解析コード
  • 1次元の簡易的な固気二相反応流解析コード。
  • バイオマスガス化炉の性能予測が可能である。
  • バイオマスの初期熱分解、気相熱分解挙動、チャーガス化反応、および気相(平衡)反応を考慮した。
ガス化炉性能簡易解析プログラム
  • 1次元の簡易的な固気二相反応流解析コード。
  • 石炭ガス化炉の性能予測が可能である。
  • 石炭の熱分解、チャーガス化反応、および気相(平衡)反応を考慮した。
  • 生成チャーのリサイクル系を考慮することで、ガス化炉単体性能とリサイクル系を含む全体性能をそれぞれ評価可能とした。
固気混相燃焼流数値計算コード
  • 火力機器に対する汎用的数値熱流体計算コード。
  • RANS法とLES法が両方計算可能な非構造格子固気混相流数値シミュレーションコード。
  • 種々の火力機器モジュールと組み合わせて使用する。
超重質油ガス化炉数値解析ツール
  • 種々の重質油系燃料のガス化特性を評価する3次元混相反応流数値解析コード。
  • 構造格子を用いるが、マルチブロック法と境界適合格子法により、複雑な炉形状・バーナ配置等に対応可能である。
微粉炭燃焼モジュール
  • 固気混相燃焼流数値計算コードとカップリングして使用する微粉炭燃焼計算用モジュール。
  • ガス温度、主要ガス組成、NOx、灰中未燃分等の評価が可能である。
ガスタービン高温部品保守最適化支援システム
  • ガスタービン高温部品のローテーション計画の作成を支援するとともに、作成した計画に対するコスト評価、部品の履歴管理や寿命管理を効率的に行うことが可能。
燃料電池性能解析ソフト
  • 異なるガス条件より得られる燃料電池の出力特性を基に、電池の性能解析を行う。
  • この性能解析で得られる性能パラメータを基に、広範囲なガス運転条件下における電池性能を予測する。
  • 連続運転における電池性能劣化を、性能パラメータの経時変化として捉え、電池の寿命予測を行う。
ガス化性能計算ソフト
  • 燃料性状、ガス化反応速度を入力することで、簡単にガス化性能(生成ガス性状、生成ガス流量、生成ガス温度、炭素転換率等)を計算するプログラムである。
  • 燃料、ガス化剤の投入方法を任意に設定することができ、様々なガス化方式に対応可能である。また、短時間で計算できるため、燃料種に応じた最適ガス化方式の検討、最適運転条件の検討などに利用可能である。
硫化腐食環境評価プログラム
  • 本ソフトウェアは、「石炭性状、ボイラ運転条件から、硫化水素生成量を始めとする燃焼ガス組成の予測機能」、「測定された炉内燃焼ガス組成からボイラ蒸発管の腐食環境を評価する機能」等を有している。
揮発分放出挙動詳細モデルを用いた微粉炭燃焼解析ツール
  • 微粉炭の昇温速度の違いによる揮発分割合および揮発分放出速度の変化を考慮できる揮発分放出モデルを用いた微粉炭燃焼解析ツール。
MCFCにおける過負荷特性解析および過負荷耐量推定プログラム
  • MCFC単セル試験における1秒程度の過負荷特性を解析し、その解析結果から得られるモデルパラメータを用いてMCFCが過負荷耐量(定格出力に対して1〜2倍程度の過負荷出力を瞬間的に何秒間継続することができるか)を推定することができる。
円筒横縞形SOFCスタックの性能解析プログラム
  • 円筒横縞形SOFCスタックのセルおよびガスの流れ形状を考慮したスタックの性能解析ツールである。
  • 本解析プログラムにおいて得られる性能パラメータを長期連続運転するスタックの経時変化として評価することにより、寿命予測プログラムとしても運用可能である。
ボイラ設備診断支援システム
  • Webページ形式のFMEAシートにより、ボイラ設備を構成する部品の損傷率および損傷被害度に応じた重要度ランキングができる。
  • 典型的なボイラ要素に対するモデル作成、温度解析、応力解析ができる。
  • 応力コンター図等、上記解析結果の可視化表示ができる。
  • 上記解析結果に基づく簡易クリープ疲労損傷評価ができる。
  • 上記解析結果に基づく簡易クリープ疲労き裂進展評価ができる。
多重データベース型半自動構造解析システム
  • 本システムは温度解析、応力解析を行うFEMソルバ、およびFEMソルバの入力データ作成を支援するプリプロセッサならびにFEMソルバが出力する解析結果を処理するためのポストプロセッサから構成される。
  • 本システムが採用するプリプロセッサでは多重データベース方式を採用し、既作成の要素分割データをデータベースとして保存、再利用が可能である。
石炭運用評価システム
  • 微粉炭火力における炭種と運用方法が及ぼす機器性能や排出物質(NOxやCO2排出量など)への影響と関連するコストを見える化するソフトウェア。
  • Microsoft® Office Excel®で開発。ユーザーは導入、利用しやすい。通常のExcelを操作する感覚で容易に利用でき、グラフ表示の変更など、独自にカスタマイズ可能。
 ※燃料費、灰処理費、薬品費などのランニングコストが対象。修繕費、人件費などは対象外。
ページのトップへ戻る