財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
L15004
タイトル
作業者を対象としたヒューマンエラー防止のための安全ノウハウ抽出方法の開発
[Title]
Development of a method for extracting workers' safety know-how for preventing human error
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
ベテラン作業員は手順書・マニュアルに従って作業する際,記載されている安全ルールの遵守のみではヒューマンファクター事象を防ぐには不十分と感じ,自主的に再確認する等の安全行動・工夫(安全ノウハウ)を追加的に実施することで,現場の安全を確保してきた。こういった安全ノウハウを次世代へ継承するために,本研究では,現場での利便性を考慮した,自己報告による安全ノウハウ抽出方法を考案した。そして,本方法を用いた安全ノウハウ抽出を複数業務で試行し,1)既往研究にて価値があると評価された安全ノウハウと同種のものが抽出された,2)ヒューマンファクター事象の防止に寄与する,具体的情報が付記された安全ノウハウが各業務で抽出された,等の結果より本抽出方法の適用性を確認した。本方法は,自己報告方式を用いるため,抽出できるノウハウは回答者本人が記述できるものに限られるものの,1)多人数への調査により多種多様な安全ノウハウが抽出できる,2)安全ノウハウの適切な継承方法を選択する情報が収集できる,3)安全ノウハウとは意識せず日頃から実施している行動であってもヒューマンファクター事象防止の観点から気づきを得ることで抽出できる,等の利点がある。今後は,安全ルールや教育等,抽出された安全ノウハウの継承方法を判断する基準を検討する。
[Abstract]
The loss of safety know-how (behaviors and inventions developed onsite for safety improvement and prevention of accidents and human error) is concerning if an expert worker who ensured onsite safety resigns. In addition, it is crucial to establish a technique for extracting safety know-how from expert workers to ensure the safety of future generations. However, prior studies on safety know-how are rare and do not examine efficient and effective extracting methods. Therefore, this study aims to develop a method to extract safety know-how from expert workers contributing to the safety know-how of the next generation. This study devised a questionnaire using the self-report style higher in availability onsite than the style of work observations and interviews. Because of conducting safe know-how extraction using this questionnaire for multiple duties, this study confirmed the validity of this questionnaire and obtained the following results. 1) Similar safety know-hows were extracted as were evaluated in a previous study. 2) Safety know-hows having significant information to develop future experts were extracted. This study recommends that future research examine methods for transferring safety know-how.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

武田 大介

原子力技術研究所 ヒューマンファクター研究センター

弘津 祐子

原子力技術研究所 ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
安全ノウハウ Safety know-how
安全行動 Safety behavior
自己報告 Self-report
抽出方法 Extracting method
ベテラン作業者 Expert worker
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.