財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Q07015
タイトル
SUS316Lステンレス鋼の高温水中応力腐食割れ感受性に及ぼす硬度分布の影響
[Title]
Effect of hardness distribution on stress corrosion cracking susceptibility for type 316L stainless steels in high temperature water
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では、316Lステンレス鋼熱間圧延供試材と冷間圧延材の表面における微小硬度分布を評価し、SCC感受性に及ぼす硬度分布の影響を高温水中CBB試験により検討した。その結果、熱間圧延供試材では、最表面からの表面硬化層の除去深さが浅いほど、表面の平均硬度と硬度の標準偏差が高くなることがわかった。一方、冷間圧延材では、同一の表面硬化層の除去深さでは、圧下率の増加にともなって平均硬度は高くなるが、硬度の標準偏差は低くなった。高温水中CBB試験では、平均硬さHv=235以上かつ硬度の標準偏差Hv=18以上の熱間圧延供試材試料において、き裂が発生すると推定された。しかし、冷間圧延材試料では、Hv=300以上に硬化していたが、硬度の標準偏差がHv=18以下と低いために、き裂の発生が見られなかった。本試験の条件では、SCC感受性は硬度Hv=235以上かつ標準偏差Hv=18以上の条件で発現した。この推定値の普遍性については、種々の試料による試験を実施し確認する必要があるが、SCC感受性の発現には、平均硬度のみでなく硬度の標準偏差を考慮する必要があることが明らかになった。
[Abstract]
Micro Vickers hardness tests were conducted on surface of commercial type 316L stainless steel hot-rolled plates and cold-rolled plates to evaluate hardness distribution, and carried out the CBB tests to investigate the effect of hardness distribution on SCC susceptibility. It was revealed that an average and standard deviation of hardness were increased with decrease the depth of removed layer of hot-rolled plate samples. In the case of cold-rolled plate samples, average hardness were increased and standard deviation of hardness were decreased with increase the cold rolling reduction. From the results of CBB tests in high temperature water, SCC susceptibility was observed in the average hardness more than Hv = 235 and standard deviation more than Hv = 18 for hot-rolled plate samples. On the other hand, there was no SCC crack even in average hardness of Hv = 355 with standard deviation of Hv = 13 for the 30% cold-rolled sample. These results indicated that both average and standard deviation of hardness affected on SCC susceptibility, and confirmed that the average hardness greater than Hv = 235 with standard deviation more than Hv = 18 can be necessary and sufficient condition for the SCC crack initiation on type 316L stainless steel.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2007
発行年月 [Issued Year / Month]
2008/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

宮原 勇一

材料科学研究所 機能・機構発現領域

加古 謙司

材料科学研究所 機能・機構発現領域

黛 正己

材料科学研究所 機能・機構発現領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
SUS316L type 316L stainless steel
応力腐食割れ Stress Corrosion Cracking, SCC
SCC感受性 SCC susceptibility
微小硬度 Micro Vickers hardness
硬度分布 Hardness distribution
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.