財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
T01036
タイトル
電力市場のシミュレーション -マルチエージェントシステムによる電力市場の基本モデルの開発-
[Title]
Simulation of Electricity Market - Development of basic market model using multi agent system -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
1)電力自由化が先行する諸外国の電力市場を調査・分析し,以下の特徴を有する電力市場シミュレーション基本モデルを開発した。 a)市場構造は,プール型の卸電力市場(前日市場とリアルタイム市場)と相対取引からなり,2地域と連系線からなる電力系統を考えた。 b)市場参加者についてはエージェントとしてモデル化し,最適な行動戦略を学習する方式とすることにより,多様性を表現した。2)独占市場を想定したシミュレーションにおいて,発電エージェントのマークアップ率が理論値と一致すること検証した。また,市場支配力をもつ発電事業者の存在や需給逼迫の発生により,市場決済価格が高騰するなどの現象を確認した。3)開発した市場シミュレーションモデルを用いて送電線混雑や入札方法などが価格変動に与える影響の分析を行うことで,市場設計に向けた種々の課題に対する基本的な対応のあり方を探ることができる。
[Abstract]
1) Base on a survey of actual electricity market of foreign countries, we have developed a fundamental electricity market model of following characteristics:a) Market structure of the model basically consists of pool based wholesale market and bilateral contracts. In a wholesale electricity market, there exists day ahead market and real time market. We have also modeled a power system which is regionally separated into the north and the south via a relatively weak tie line.b) Power generators and suppliers (electricity customers) are modeled as computer agents who act autonomously according to circumstances. Each agent bids price and quantity. The market-clearing price is decided as an intersection of demand curve and supply curve. The agents learn the optimal strategy to maximize their reward by using reinforcement learning mechanism.2) In a simulation of monopoly condition, it is confirmed that the mark-up rate of a generator agent coincides with a theoretical value. It is also verified that an existence of a generator which have market power or an increase of demand would raise the market-clearing price.3) The developed simulation model can be used to evaluate the market design by analyzing effects of transmission congestion management method, bidding method etc., on price volatility.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2001
発行年月 [Issued Year / Month]
2002/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

栗原 郁夫

狛江研究所電力システム部

岡田 健司

経済社会研究所

渡邊 勇

情報研究所

渡邉 尚史

経済社会研究所

熊野 照久

狛江研究所電力システム部

松井 正一

情報研究所

所 健一

情報研究所

永田 真幸

狛江研究所電力システム部

西村 一彦

経済社会研究所

今中 健雄

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
自由化 liberalization
電力市場 electricity market
価格変動 price volatility
マルチエージェント multi agent
強化学習 reinforcement learning
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.