財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
U96025
タイトル
短波海洋レーダによる表層流速観測の適用性
[Title]
SURFACE CURENT OBSERVATION WITH HF OCEAN RADAR
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
福島沖において短波海洋レーダによる表層流速観測を実施し,同時期の流速計による観測結果と比較することにより,短波海洋レーダの表層流速観測への適用性を検討した。その結果,沖合4km以上で水深20m以深の海域では,短波海洋レーダにより,10cm/s以下の精度で表層流速を観測できる見通しが得られた。また,短波海洋レーダによって得られた観測結果から,同海域において見られる南流と北流が不規則に転流する特性は,風との相関が高いこと,および本海域で出現■度の高い継続的な南流は,同海域を発達した低気圧が西から東へ通過する時期に現れることなどが確認された。
[Abstract]
SEA SURFACE CURRENTS WERE OBSERVED USING TWOHF OCEAN RADARS IN THE SEA OFF FUKUSHIMA.THE APPLICABILITY TO CURRENT OBSERVATION WAS COMPARED TO IN-SITU OBSERVATION DATA SEVERAL CURRENT METERS AT THE SAME TIME PERIOD.THE RESULTS SHOW THAT HF OCEAN RADAR CAN MEASURE SEA SURFACE CURRENTS WITH A VELOCITY ACCURACY OF BETTER THAN 10 CM/S. THE HF OCEAN RADAR RESULTS ALSO INDICATE THAT VARIABILITY IN CURRENT PATTERNS RELATED TO WIND, PATTERN A STRONG SOUTHWARD CURRENT PATTERN APPEARED JUST AFTER STRONG CYCLONES PASSED WEST TO EAST IN THIS AREA.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1996
発行年月 [Issued Year / Month]
1997/01
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

坂井 伸一

我孫子研究所環境科学部

水鳥 雅文

我孫子研究所環境科学部

キーワード [Keywords]
和文 英文
短波海洋レーダ HF OCEAN RADAR
リモートセンシング REMOTE SENSING
表層流速観測 SEA SURFACE CURRENT OBSERVATION
福島沖 FUKUSHIMA
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.