財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
U98016
タイトル
湖沼堆積物を用いた手賀沼の環境変遷の検討(その2) --鉛−210法・セシウム−137法による堆積物の年代測定と珪藻化石による手賀沼の環境変化--
[Title]
Investigation of environmental change on the Tega Lake based on lake sediment analysis(Part 2)-Dating of sediment by the lead-210/cesium-137 method and environmental change detected by the diatom assemblage analysis-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
手賀沼から採取した堆積物について,鉛−210法・セシウム−137法による年代測定を行うとともに珪藻遺骸群集から手賀沼の環境変化を推定した.鉛−210・セシウム−137法による年代測定による結果,手賀沼の表層約30cmの堆積物は,過去約50年の堆積物であることが明らかとなった.また本手賀沼の堆積物中の珪藻遺骸群集は,1960年代前半から変化しており,その変化は好清水性種の減少と好汚濁性種の増加に特徴づけられた.珪藻群集の変化は水質の汚濁を示しているものと考えられ,手賀沼周辺の宅地開発や干拓事業,浚渫事業の影響を検出したものと考えられる.
[Abstract]
Sediment collected in the Tega Lake was dated by lead-210/cesium-137 method and environmental change in the Tega Lake was investigated by analysis of diatom remain assemblages in the sediment. Dating of the lead-210/cesium-137 method proved that the surface 30cm-thickness of sediment in the Tega Lake was deposited during the recent 50 years. Diatom remain assemblage change in the Hon-Tega Lake sediment started in the early half of 1960's and the changes is characterized decrease of Fragilaria construens, that does not prefer to inhabit eutrophic water, and increase of Cyclotella meneghiniana that prefers to inhabit eutrophic water. This diatom assemblage change indicates that the Tega Lake was eutrophicated, and probably suggests water pollution in the Tega Lake. It is detected that influence of residencial development around the Tega Lake and reclaiming by drainage on the Tega Lake.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1998
発行年月 [Issued Year / Month]
1998/12
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

濱田 崇臣

我孫子研究所地質部

キーワード [Keywords]
和文 英文
珪藻遺骸群集 diatom remain assemblages
鉛−210・セシウム−137法 Pb-210/Cs-137 method
環境変遷 environmental changes
湖沼堆積物 lake sediment
手賀沼 The Tega lake
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.