社会経済研究所

研究員プロフィール

(更新日:2019年07月08日)
尾羽 秀晃
氏名 尾羽 秀晃(おばね ひであき)
領域 エネルギーシステム分析領域
職位 特別契約研究員
研究分野 エネルギー政策
e-mail hi-obane(at)criepi.denken.or.jp    ※(at)は@に置き換えて下さい。
所属学会 IEEE

◆学職歴

2010年3月 筑波大学第三学類工学システム学類卒業
2012年3月 筑波大学システム情報工学研究科リスク工学専攻修了(工学)
2012年4月 - 2016年12月 三菱電機株式会社 太陽光発電システム部
2017年1月 電力中央研究所 入所 社会経済研究所 特別契約研究員

◆主な研究業績

電力中央研究所 研究報告書

電力中央研究所 研究報告書については、
次のURL(https://criepi.denken.or.jp/jp/kenkikaku/cgi-bin/report_reference.cgi)よりダウンロード可能です

主著:
  • 尾羽 秀晃, 永井 雄宇, 朝野 賢司:土地利用を考慮した太陽光発電および陸上風力の導入ポテンシャル評価, Y18003, 2019.

電力中央研究所 研究資料

電力中央研究所 研究資料については、
次のURL(https://criepi.denken.or.jp/jp/serc/source/index.html)よりダウンロード可能です

主著:

学術論文

主著:

国際会議

  • H. Obane (2018), Forecasting Photovoltaic and Wind Energy Capital Cost in Japan: A Bayesian Approach, 10th International Conference of Applied Energy, Aug 22-25, 2018.
  • H. Obane, et.al (2011), Minimizing Mismatch Loss in BIPV by Reconnection, 37th IEEE Photovoltaic Specialist Conference, July 19 -24, 2011.

学会発表

  • 尾羽他(2012) 『太陽光発電システムのミスマッチ損失評価および切り替えシステムの検討』、 電気学会全国大会講演論文集(2012), p51-52
  • 尾羽他(2011) 『モジュール発電特性のばらつきを考慮した配線切り替えの有効性』、太陽/風力エネルギー論文講演集(2011)、p45-48
  • 尾羽他(2010) 『配線切り替えによるビル壁面太陽光発電システムのミスマッチ損失削減効果の検討』、太陽/風力エネルギー論文講演集(2011),p569-572
  • 尾羽他(2010) 『自動最適化太陽光発電システムによるミスマッチ損失の低減効果の基礎的検討』、太陽/風力エネルギー論文講演集(2010),p140-141

書籍

  • 公共事業学会政策研究会編著(2019)「まるわかり電力システム改革2020年決定版」、日本電気新聞協会新聞部、「第5章 再生可能エネルギーの現状と論点」(共著)

講演

  • 東京大学公共政策大学院「再生可能エネルギーと公共政策」リレー講義講師(2019年5月)
  • The 6th RENEWABLE ENERGY 2011 EXHIBITION, “PV System with Reconnection to Improve Output under Shading “, December 5-

電気新聞ゼミナール

特許・ソフトウェア

  • Solar Cell Module and Solar Cell Module Manufacturing Method, 20180062574(公開)
  • Computation device which optimizes solar power generation, method which optimizes solar power generation, solar power generation system, and solar power generation simulation system, 20140257581. 2013(公開)
  • 太陽電池モジュール, 特願2015-098185
  • 太陽電池モジュール, 特願2014-051800

表彰

  • 筑波大学大学院システム情報工学研究科 リスク工学専攻長賞 2012年
  • 日本太陽エネルギー学会奨励賞 2011年
  • 電力中央研究所
  • 採用情報 Recruiting Information
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry