社会経済研究所

研究員プロフィール

(更新日:2019年07月02日)
永田 豊
氏名 永田 豊(ながた ゆたか)
領域 エネルギーイノベーション創発センター(兼)社会経済研究所
エネルギーシステム分析領域
職位 研究参事
研究分野 エネルギー経済システム分析,技術評価
e-mail nagata(at)criepi.denken.or.jp    ※(at)は@に置き換えて下さい。
所属学会 エネルギー・資源学会、環境経済・政策学会、International Association for Energy Economics

◆学職歴

1985年3月 東京工業大学理学部物理学科卒
1987年3月 同大学院総合理工学研究科エネルギー科学専攻修士課程修了
1987年4月 電力中央研究所 入所
1991年10月〜1992年9月 スタンフォード大学 客員研究員
1996年5月〜1999年3月 京都大学大学院エネルギー科学研究科 助教授
2000年4月〜2011年3月 東京工業大学大学院総合理工学研究科 連携准教授
2016年10月 電力中央研究所 エネルギーイノベーション創発センター 副研究参事
2019年7月 電力中央研究所 エネルギーイノベーション創発センター 研究参事

◆主な研究業績

電力中央研究所 研究報告書

電力中央研究所 研究報告書については、
次のURL(https://criepi.denken.or.jp/jp/kenkikaku/cgi-bin/report_reference.cgi)よりダウンロード可能です

主著:
  • 永田 豊, 内山 洋司:火力発電所のシステム熱効率分析−複合発電の導入効果について−, Y87009, 1988.
  • 永田 豊, 山地 憲治, 桜井 紀久:課徴金によるCO2抑制効果と経済的影響の分析, Y91002, 1991.
  • 永田 豊:COMPARATIVE ANALYSIS OF ENERGY INTENSITY BETWEEN USA AND JAPAN, EY92003, 1993.
  • 永田 豊, 内山 洋司:民生部門における機器効率化による省電力効果, Y95001, 1995.
  • 永田 豊, 高橋 雅仁, 内山 洋司:民生部門の負荷平準化技術の導入効果, Y96010, 1997.
  • 永田 豊:CO2削減対策の費用分析, Y00014, 2001.
  • 永田 豊, 星野 優子, 服部 恒明, 若林 雅代, 桜井 紀久, 大河原 透:原子力停止の影響分析, Y01016, 2002.
  • 永田 豊:家庭用PEFC燃料電池の導入によるCO2削減量の定量分析, Y02016, 2003.
  • 永田 豊, 服部 恒明, 星野 優子, 若林 雅代:税制による二酸化炭素排出削減の影響分析, Y03020, 2004.
  • 永田 豊, 星野 優子, 服部 恒明, 若林 雅代:数値目標達成手段としての炭素税に関する分析 -―日本と欧州における導入シミュレーション―-, Y04011, 2005.
  • 服部 恒明, 松江 由美子:原油価格高騰の産業別物価への影響 -2002年以降高騰期と石油危機時との比較分析-, Y05013, 2006.
  • 永田 豊:地域性を考慮した日本のエネルギー需給分析モデル(J-REM)の開発, Y10015, 2011.
共著:
  • 熊倉 修, 永田 豊, 藤井 美文, 松川 勇:DEVELOPING AN INTER-FUEL COMPETITION MODEL -ANALYSIS OF THE STRUCTURAL CHANGES IN ENERGY DEMAND-SUPPLY IN JAPAN-, EY89001, 1989.
  • 内山 洋司, 永田 豊:ECONOMIC ANALYSIS ENERGY-STORAGE TECHNOLOGIES IN MIXED ELECTRIC GENERATION, EY89004, 1989.
  • 山本 博巳, 永田 豊, 松川 勇:エネルギー経済学の基礎理論総説, Y94002, 1994.
  • 服部 恒明, 大河原 透, 加藤 久和, 人見 和美, 永田 豊, 若林 雅代, 山野 紀彦:経済社会・エネルギーの中期展望 '98 - −21世紀初頭の日本経済をどうみるか−-, Y03, 1998.
  • 服部 恒明, 大河原 透, 加藤 久和, 人見 和美, 永田 豊, 若林 雅代, 山野 紀彦:21世紀に向けた日本経済の課題−経済社会・エネルギーの中期展望’98を踏まえて−, Y98001, 1998.
  • 服部 恒明, 大河原 透, 加藤 久和, 人見 和美, 永田 豊, 星野 優子, 若林 雅代:2025年までの経済社会・エネルギーの長期展望, Y99018, 2000.
  • 服部 恒明, 永田 豊, 若林 雅代, 大河原 透:環境税導入の日本経済、エネルギー需要に及ぼす影響 --長期経済予測システムによるシミュレーション分析--, Y01007, 2001.
  • 服部 恒明, 桜井 紀久, 人見 和美, 永田 豊, 星野 優子, 若林 雅代, 山野 紀彦, 宮崎 浩伸, 鳴鹿 正浩:2025年までの経済・エネルギーの長期展望 -持続的成長への途を求めて-, Y04, 2003.
  • 服部 恒明, 永田 豊, 星野 優子, 若林 雅代:2030年までの経済・エネルギー展望 -財政再建時代の成長シナリオ-, Y04015, 2005.
  • 長野 浩司, 朝岡 善幸, 永田 豊, 浜潟 純大, 人見 和美:原子力の燃料供給安定性の定量的評価, Y07008, 2008.
  • 浜潟 純大, 星野 優子, 永田 豊, 桜井 紀久, 門多 治:2030年までの産業構造・エネルギー需給展望, Y12033, 2013.
  • 星野 優子, 浜潟 純大, 永田 豊:2015年版長期エネルギー需給見通しの検証, Y15012, 2016.
  • 永井 雄宇, 山本 博巳, 岡田 健司, 矢部 邦明, 永田 豊:地域間電力融通の効果を定量的に評価する電源構成モデルの開発-再生可能エネルギー大量導入時の電源構成分析の改良-, Y15021, 2016.
  • 山本 博巳, 市川 和芳, 永田 豊, 竹井 勝仁:水素サプライチェーンの経済性とCO2排出量の比較- 詳細評価の必要な水素サプライチェーンの抽出-, C17009, 2018.

学術論文

主著:
  • 学会発表含
  • Y. Nagata, O. Kumakura, Y. Fujii and I. Matsukawa: Modeling Inter-fuel Competition in Japan, Joint IFAC/IFORS/IAEE International Symposium on Energy Systems, Management and Economics (ESME89), Tokyo, 1989
  • Y. Uchiyama and Y. Nagata: Economic Analysis of the Energy Storage Technologies in the Electric Generation Mix, IFAC/IFORS/IAEE International Symposium on Energy Systems, Management and Economics (ESME89), Tokyo, 1989
  • K. Yamaji, R. Matsuhashi, Y. Nagata and Y. Kaya: A study on economic measures for CO2 reduction in Japan, Energy Policy, Vol.21, No.2, pp. 123-132, 1993
  • M. Takahashi, Y. Nagata and Y. Uchiyama: Economic impact of thermal storage equipment on the generating cost in Japan, IEW/JSER International Conference on Energy, Economy, and Environment, Osaka, 1996
  • Y. Nagata: The US/Japan comparison of energy intensity. Estimating the real gap, Energy Policy, Vol. 5, No.7-9, pp. 683-691, 1997
  • M. Takahashi, H. Asano and Y. Nagata: Optimal Penetration Policy and Cost-Effectiveness of Demand-side Technologies in an Electric Power System by Integrated Resource Planning Model, The 19th Annual North American Conference of the IAEE, Albuquerque, 1998
  • C. Murakoshi, Y. Nagata, H. Nakagami and Y. Noguchi: Revision of Japanese Appliance Energy Efficiency Standards -A New Top-Runner Approach-, European Council for an Energy-Efficient Economy Summer Study 1999, Mandelieu, 1999
  • Y. Nagata and K. Sonoda: Forecast of energy demand in Japan considering the asymmetric price elasticities, The 23rd Annual International Conference of the IAEE, Sydney, 2000
  • Y. Nagata: A Forecast of Energy Demand in Japan Considering Asymmetric Price Energy Studies Review, Vol.10, No.1, 17-26, 2001
  • Y. Nagata: Analysis of Japanese Appliance Energy Efficiency Standards, European Council for an Energy-Efficient Economy Summer Study 2001, Mandelieu, 2001
  • Y. Nagata and T. Kubo: Economic Analysis of Electric-drive Vehicles as Distributed Power Resources in California; The 22nd Annual North American Conference of the USAEE/IAEE, Vancouver, 2002
  • Y. Nagata, T. Hattori, M. Wakabayashi and T. Ohkawara: An Economic Analysis of Environmental Taxes on the Japanese Economy and Energy Demand, The 14th Conference of the Electric Power Supply Industry, Fukuoka, 2002
  • Y. Hoshino, Y. Nagata and N. Sakurai: Development of World Energy Prices Model, WEPM, The 26th Annual International Conference of the IAEE, Prague, 2003
  • Y. Nagata: Quantitative Analysis of CO2 Emission Reduction by Introducing Stationary Type PEM-FC Systems in Japan, EMF/IEA/IIASA International Energy Workshop 2003, Laxenburg, 2003
  • Y. Nagata: Analysis of Distributed Energy Supplying Technologies from the Viewpoint of Waste Heat, American Council for an Energy-Efficient Economy Summer Study 2004, Pacific Grove, 2004
  • Y. Nagata: Analysis of the Cost Structure of LNG-based Municipal Gas Utilities in Japan, The 28th IAEE International Conference, Taipei, 2005
  • Y. Nagata, K. Fukuda and Y. Mori: Long-term Analysis of Global CO2 Emission Reduction by Efficient Technologies, International Energy Workshop 2005, Kyoto,2005
  • Y. Nagata: Quantitative Analysis of CO2 Emission Reduction by Introducing Stationary Type PEM-FC Systems in Japan, Energy, Vol.30, No.14, 2636-2653, 2005
  • Y. Nagata, T. Hattori, Y. Hoshino and M. Wakabayashi: The Impacts of Decreasing CO2 Emission by Changing Tax System in Japan, The 2nd East Asian Symposium on Environmental and Natural Resources Economics, Seoul, 2006
  • Y. Nagata: Energy Efficiency Standards for Japanese Appliances, ACEEE 2006 Summer Study, Pacific Grove, 2006
  • Y. Nagata and Y. Mori: The Role of Hydrogen to Build a less CO2 Society for Japan, The 9th IAEE European Energy Conference, Florence, 2007
  • Y. Nagata and Y. Mori: The Cost to Build a Less CO2 Society for Japan, The 31st IAEE International Conference, Istanbul, 2008
  • Y. Nagata: CO2 Emissions Reduction from Electricity Sector in Japan for 2050: Assessment of Technology Portfolio, International Symposium of Climate Change and Global Sustainability, Potsdam, 2008
  • Y. Nagata: CO2 Emissions Reduction from Electricity Sector in Japan for 2050: The Benefit of Technology R&D, ATSE International Workshop “Electricity Generation - Accelerating Technological Change”, Melbourne, 2009
  • Y. Nagata: Role and Challenges of Electricity R&D for Japan’s Low Carbon Future, The 9th IERE General Meeting and The IERE-ICEMENERG Central & East Europe Forum, Bucharest, 2009
  • Y. Nagata and Y. Mori: Top-down vs. Bottom-up Models: How to Combine Them to Evaluate the Cost of Mid-term CO2 Emission Reduction , The 29th USAEE/IAEE North American Conference, Calgary, 2010
  • Y. Nagata and Y. Mori: Regional Energy Modeling for Long-term CO2 Emission Reduction in Japan, The 30th International Energy Workshop, Stanford, 2011
  • Y. Nagata and Y. Mori: Regional Differences in the Choice of Energy Technologies for Long-Term CO2 Emission Reduction in Japan, The 35th IAEE International Conference, Perth, 2012
  • Y. Nagata: The Changes in Energy Technologies for Long-term CO2 Emission Reduction in Japan under Nuclear Stagnation, The 36th IAEE International Conference, Daegu, 2013
  • Y. Nagata: Viewpoints of the Energy Choice in Japan, The 22nd World Energy Congress 2013, Daegu, 2013
  • Y. Nagata and S. Hamagata: Discussions about the Role of Nuclear Power for Achieving the Paris Agreement in Japan , The 36th USAEE/IAEE North American Conference, Washington, DC, 2018
  • わが国のエネルギー選択をめぐる視点,エネルギー・資源,Vol. 33,No. 2, pp. 6-10,2012年3月
  • 巻頭言 縮小社会に向けたソフトランディングの重要性,エネルギー・資源,Vol. 35,No. 1, pp. 2,2014年1月
  • 南部鶴彦編:電力自由化の制度設計 系統技術と市場メカニズム,東京大学出版会,2003年3月(執筆分担)
  • 服部恒明編著:日本経済 破綻か成長か,ゆまに書房,2004年3月(執筆分担)
  • 電力中央研究所編著:地球環境2004-’05 地球温暖化の実態と対策,エネルギーフォーラム社,2004年12月(執筆分担)
  • 電力中央研究所エネルギー教育研究会編著:[改訂新版]講座 現代エネルギー・環境論,エネルギーフォーラム社,2006年10月(執筆分担)
  • 茅陽一編著:低炭素エコノミー,日本経済新聞出版社,2008年11月(執筆分担)
  • 山地憲治監修:新・地球温暖化対策教科書,オーム社,2009年11月(執筆分担)
  • 一般社団法人エネルギー・資源学会編,低炭素社会への挑戦―資源・エネルギー・社会システムから切り開く未来,オーム社,2010年1月(執筆分担)
  • 電力中央研究所編著:電気のチカラ―低炭素社会を実現する技術,エネルギーフォーラム社,2010年4月(執筆分担)
  • 一般社団法人電気学会編:電気工学ハンドブック第7版,オーム社,2013年9月(執筆分担)
  • 電気のより上手な利用に向けた電中研の取り組み(その3),ビジネスアイENECO,2016年2月
  • わが国の長期エネルギー需給見通し, エネルギー・資源, Vol.37, No.2, pp.1-4, 2016年3月
  • エネルギーモデル分析の光と影,エネルギー・資源,37巻6号,2016年11月
  • 巻頭言 今,改めて電気という財の特殊性を考えてみる,エネルギー・資源,38巻1号,2017年1月

表彰

  • エネルギー・資源学会第2回茅奨励賞,1998年4月
  • 電力中央研究所
  • 採用情報 Recruiting Information
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry