財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
A81001
タイトル
TMI原子力発電所事故に関する調査−TMI−2の復旧作業の現状−
[Title]
INVESTIGATION ON TMI NUCLEAR POWER PLANT ACCIDENT -WITH RESPECT TO RECOVERY ACTIVITIES-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本文はTMI−2の事故後のプラントの現状並びに今後の除染計画等に関する調査結果である。1事故後のTMI−2の状況1)補助建屋の汚染水の除去は完了し,施設内タンクに貯蔵されている。2)格納容器内の雰囲気のパージは完了。放出Kr−85は約43000Ci。3)格納容器内立入調査は′81年2月までに6回行われ,放射線レベルの測定と除染作業の準備が行われた。2除染計画1)Met−Ed社−GPUの計画では,格納容器への立入りと除染(PHASE−1),燃料の取出しと冷却系の除染(PHASE−2)は1983年に終了予定。2)NRCはNRR内にTMIPOを設置,クリンアップ活動についての総ての計画・管理を行うこととした。3格納容器内放射性ガスの処理各種の処理方法が検討され,パージ方法が採用された。また各処理方法によるリスクの推定が行われた。
[Abstract]
INVESTIGATIONS ON RECOVERY ACTIVITIES AFTER TMI-2 ACCIDENT MADE THE GENERAL CLEAN-UP PROGRAM AND THE PRESENT SITUATION CLEAR:I.E.(1) DRAINAGE OF CONTAMINATED WATER IN AUXILIARY BUILDING AND PURGING OF KRYPTON IN THE CONTAINMENT WERE COMPLETED.(2) IN-CONTAINMENT INVESTIGATION HAS BEEN DONE SEVERAL TIMES AND CLEAN-UP OPERATIONS ARE BEING PREPARED.(3) AS CLEAN-UP ACTIVITIES THROUGH 1983,DECONTAMINATION OF CONTAINMENT,TAKING OUT OF P.V. INTERNALS AND FAILED FUELS AND DECONTAMINATION OF RCS ARE PREPARED.(4) WHETHER TMI-2 PLANT WILL BE REUSED OR DECOMMISSIONED HAS NOT YET BEEN DECIDED.(5) THERE ARISE PROBLEMS CONCERNING FINANCE AND REGULATION.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1980
発行年月 [Issued Year / Month]
1981/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

竹越 尹

電力中央研究所

渡辺 博信

エネルギー技術開発本部

宮岡 貞隆

エネルギー・環境技術研究所発電プラント部

西島 良昌

エネルギー技術開発本部原子力発電技術開発部

堀江 康夫

エネルギー・環境技術研究所発電プラント部原子炉特性研究室

松村 哲夫

エネルギー・環境技術研究所発電プラント部原子炉特性研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
TMI事故 TMI ACCIDENT
復旧 RECOVERY
クリーンアップ CLEAN-UP
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.